忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

12/1から12/7まで出張のため商品出荷作業が行なえません。何卒ご了承ください。

で、今回は久々の海外です。
http://www.nywintercon.com/

こちらWinterconは12/3と4,NYで開催されるコンベンションで、今回はなんと「マッドマックス2」35周年記念という事で、5名ものキャストが来場します。

これはさすがに行かねばなりますまい。
ヴァーノン・ウェルズ氏は昨年日本に来ていただきました。
野生少年エミル・ミンティ氏は一度、私のトークライブにSkype経由で参加してもらいました。加えて女戦士ヴァージニア・ヘイさん、ヒューマンガスのケル・ニルソン氏、そしてジャイロキャプテン=ブルース・スペンス氏。

これはかなり豪華です。
それだけではなく、「ウォリアーズ」(79)のメンバーが7名!
マイケル・ベックとジェームズ・レマーですぜ!

チューバッカ、ウフーラ、ジョージ・レイゼンビー、エイドリアン・バーボー、そして「ラストドラゴン」のタイマック!w
http://www.nywintercon.com/index.php/guests

この手の海外コンベンション、どういう雰囲気なのか?
自分はこんな大きな規模のイベントは組めませんが、ともあれ後学のために是非見ておかねばなりません。いいタイミングだと思い渡米する事にしました。
また、せっかくなので、大した分量のものは持っていけませんが、二日間、マクラウドとしてブース出店する事にしました。うちのアイテムに対して果たして海外の映画ファンのリアクションは如何に?

加えて昨日、81年に日テレ特番のため「マッドマックス2」ロケ地を取材したスーパードライバーズの雨宮さんに連絡してみたところ、当時の未発表の取材写真が大量に見つかったとのことで、大慌てでそのポジフィルムを借りてきました。本当にいつも雨宮さんには感謝です。

別冊映画秘宝「マッドマックス・ムービーズ」にも雨宮さんの写真が大量に掲載されたましたが、それとは別の写真です。フィルムスキャナーが手元にないので、今の段階ではハッキリ全アイテム確認できていませんが、世界のファンの度肝を抜くものも含まれていそうです。

実に素晴らしいタイミングでした。日本で開催しているコンベンションの画像と共に自分のブースにこれら写真をディスプレイし、海外のマッドマックスファンたちとの交流を深めたいと思います。

偶然にも東京コミコンと同日開催となってしまい、あちらは顔を出せなくなりましたが、そっちはそっちでどういう盛り上がりになるのか気になるところですね。

ともあれ、一週間業務をお休みしますが、何卒ご了承ください。
発掘された画像をネタにして、近いうちにまたトークライブやりたいですね!

では行って参ります!

PR

ヴィンテージ・フェイス・フェンダー遂に入荷!

グースのアレですね。
我々は長年、これを「チンガード」と呼んできましたが、そもそも顎を保護するものというより、オフロード用の泥除けなので、「チンガード」というのは厳密に言うと意味合いが少し違うかも知れませんね。

ともあれ、マッドマックス劇中でグースがヘルメットに取り付けていたブツ、あれは何だろう?と色々な試行錯誤があり、これまでに幾つかのレプリカ商品も作られました。

今から十数年前、海外で当時物のデッドストックが発見され、そこから更に色々な事があり、ここにきてようやくオリジナル当時物と同様のポリプロピレン製品「フェイスフェンダー」として現代に蘇りました。
復刻してくれたのはLUCKY商会さん。もう感謝しかないですね。



今年は我らのアイコン、スティーヴ・ビズレイ氏まで来日するなど、なんだかグース的な意味でとんでもない年になってしまいました。21世紀すげー!としか言いようがありません。
もうあと最後のピースは、グースバイクのカウル本物が復刻される、くらいでしょうか。



で、このフェイスフェンダー、ヘルメットへの取り付けはご自身でやっていただく事になります。


付属のホック(土台側)をヘルメットにネジ穴を開けて、固定しなければなりません。
位置合わせは慎重にやりましょう。

劇中では縁ゴムにかかるくらいの位置にホックが取り付けられています。
角度は真横から見た時、完全に顎が出るくらい。ちょっと上過ぎじゃないの?と思いますが、それがカッコイイという、ほんとにこの映画の衣装製作はどこまで狙った結果なのかが謎で、とにかくあらゆるところが不思議な格好良さに満ちあふれていますね。




で、グース仕様を作る時の帽体です。これが今なかなか決定版というものがなく、本当ならBELLの復刻モデル「CUSTOM 500」が手頃で良いのですが、シルバーがラインナップされていません。

先のコンベンションでは、ビズレイ氏にかぶってもらうヘルメットは「CUSTOM 500」をシルバーで塗装しました。

引き続きベースになる手頃なヘルメットを捜索したいと思っています。

あと余談ですが、76年のアメリカ製TVシリーズ「ARK II」(日本未放映)というSFものがありまして、そこでグースと同じタイプのフェイスフェンダーが使用されています。
デザイン的に、やっぱりなんとなく未来的な使われ方をするんですね〜。
いや、この番組は「世界が燃えつきる日」(77)のランドマスター号を思わせる巨大マシンも出てくるので、是非字幕付きで観てみたいものです。


という事で、よろしくお願いいたします。
ご不明な点ありましたらお問い合わせください。

カートはこちら

ようやく発売です!背面のジプシーマーク、左胸のネームパッチとノーズアート、右胸のカイジュウ・キルマークをフィーチャー。パシリム冒頭にちらっと登場するベケット兄弟着用のレザーコートをイメージしたデッキジャケットです。

いわゆるN1スタイルのCAB CLOTHING製ジャケットがベースで、架空のSFミリタリテイストとの相性は抜群。この気軽に羽織れる「なんちゃってミリタリ感」が最大のウリです。
パイロットつなぎの上に羽織ると、対ナイフヘッド出撃時っぽいイメージにも。

で、このボディ、防寒性能も高く、冬のアウターとして重宝する事請け合いです。


バリエーションとして左胸のネームパッチ
「R.BECKET」「Y.BECKET」「PPDC」の3種類を用意。面ファスナーで張替え可能で、オプションとしてネームパッチのみの販売もあります。今日はヤンシーで行くか!みたいなその日の気分でネームパッチ張替えも良いのではないかと。

「PPDC」パッチは劇中、森マコのつなぎの背面についていたものをイメージしています。

本来はこういうネームパッチは刺繍がポピュラーですが、劇中パッチに「PAN PACIFIC DEFFENCE CORP」の細かい表記があるので、刺繍だとちょっとガチャガチャしすぎる可能性があるため、「この未来の軍組織ではネームパッチはレーザー印刷です」という勝手な脳内設定をこしらえて開き直り、すべてシルク印刷で処理しました。

GIPSY DAGERノーズアートは既に発売しているパーカー&ステッカー用に起こしたものを、更に改修しました。今回は本革のパッチにハンドペイントするとか、過剰なリアルさに拘る必要はないので、ビニールレザーの表面にレーザー印刷し、それをジャケットに縫い付けています。
このビニールレザー製のパッチ、通常の洗濯レベルでは劣化する事はありませんが、ドライクリーニングは不可です。ご注意ください。

 
※製品版は若干色味が異なります。


サイズは

M 着丈72 身幅57 肩幅47 袖丈60
L 着丈75 身幅60 肩幅50 袖丈62
XL 着丈78 身幅63 肩幅53 袖丈64

国内メンズとほぼ同じです。Sサイズがないのは残念なのです。

表地 :綿 100%
ボア襟:アクリル 50% ポリエステル 50%
裏地 :ポリエステル 100%
保温材:ポリエステル 100%
ノーズアートワッペン:ビニールレザー

※ドライクリーニング不可です。ご注意ください。

出荷は10月28日頃を予定しています。

●PPDCデッキジャケット GIPSY DANGER ver. ¥21,600(税込)
希望のネームパッチとサイズをお選びください。

●PPDCデッキジャケット用ネームパッチ 各¥1,620(税込)張替え用のパッチをご希望の場合は、こちらもご一緒にどうぞ!

他アイテムはこちらで!

よろしくお願いいたします。

久しく欠品しておりましたジム・グース、アームガード・レプリカですが、この度、FRP素材バージョンとして復活する事になりました。

アームガードについては以前、ブログにも記載しましたが、あらためておさらいを。

グースが腕に装着しているアームガード。
なんともいえないその無骨さに多くのファンは魅了され、80年代後半から勃興した日本プロテクター史に多大なる影響を与えたアイテムです。などと大げさな事を。

しかし実際、このなんてことのない腕当てが、以後のラインディグギア、映画衣装、コミック等、色々なものにインスピレーションを与えた事は間違いないでしょう。

マッドマックスファン的には、このアームガードがナニモノなのか、長年の謎でした。
しかしネットの普及、海外オークションへのアクセスなどにより、このブツが元々はホッケー用のニーシンガード(ひざ・スネ用のプロテクター)である事が判明したのはここ10年くらいの事でしょうか。

スネ当て部分を途中から切断し、腕に巻きつけるためのベルトを取り付け、ひざ当て部分にもベルトが取り付けられ、本編で使われています。

スティーヴ・ビズレイ氏が演じたジム・グースのスタイルは、肩パット付きレザージャケットやMFPバッジ以外は、77年撮影当時、現行品だったものを寄せ集めて作られたものだと思っていいでしょう。



黒い革ジャン姿のハイウェイ・パトロール警官に、オフロード用のチンガード、スチールプレートを貼ったブーツ、そしてホッケー用のプロテクターを混ぜるというアイデア。それでいてやらかした感も、安っぽさもなく、統一感を持った戦闘的スタイルに仕上がっており、未だに我々のような者にとっては、色褪せることのないアイコンで有り続けているという、まったく凄い事です。


これは脱線ですが、マッドマックス1作目から2、サンダードーム、フューリーロードと、予算規模や衣装担当は変われど、常に卓越した衣装センスを発揮し続けるマッドマックス・シリーズ。やはりジョージ・ミラーのセンスが凄いと結論づけても良いでしょう。

脱線ついでに「マッドマックス」の4年前に公開されたアメリカ製の近未来SFバイオレンス映画「ローラーボール」にプロテクターを使った戦闘的衣装が出てきており、マッドマックスになんらか影響を与えた可能性はあります。トゲトゲのついたグローブは当時のオフロード用のものを改造したもので、似たようなグローブがマッドマックスにもMFP隊員の装備として出てきます。


で、話を戻します。
当方のアームガード・レプリカ。映画衣装としてオリジナルのプロテクターに追加されたベルトやバックルの形状、その他諸々を執拗に検証して、「当時の衣装 or 小道具担当はこういう感じで作ったんだろうなぁ」と推測しながらレプリカ化しました。こういうのは実に楽しい作業ですね。

ちなみにですが、グースが着用しているアームガード、左右2本づつのベルトで腕に固定されています。その内の右腕の一本はベルト取り付けの方向を間違えているのですが、お気づきでしょうか? これは加工してた小道具さんも完成してから「うわ、やってもうた!」と思ったんじゃないですかね。
まあ、そんな事に気付いても何も得もありませんし、自分もそこまでは再現しませんよw




あと、これもあらためて。
オリジナルのニーシンガードにあった裏張りとプロテクターの間に空間を設けた構造。これがあるとないとでは装着感に雲泥の差がありますので、もちろんきっちり再現しています。



最後に塗装について。
オリジナルはPP素材ですのでスプレー噴いても色がのらず、ぼろぼろ剥げちゃうのですが、グースはそれがむしろカッコイイという部分があり、そこは譲れないところ。ただ吊るしで剥げちょろ塗装やるのは好みではありませんので、前回バージョン同様に水性スプレーを使って剥げやすい塗装を施しています。

ちょっとした事で色が剥げますし、納品時にすでに色が少し剥げている場合もありますが、返品交換対象とはなりません事をご理解ください。



今回、値段がまた少しあがってしまいましたが、何卒よろしくお願いいたします!
カートはこちら!

すっかり遅くなりまして申し訳ありません。
マッドマックス・コンベンション2016、チャリティ売上の熊本への送金の報告です。

色々あって自宅からネット経由で振り込んでしまったため、熊本県から受領書を取り寄せておりました。

内訳です。

●スティーヴ・ビズレイ氏 ヘルメット 79,000円

●スティーヴ・ビズレイ氏 レザージャケット 96,000円

●ポール・ジョンストーン氏 ヘルメット 30,500円

●ロジャー・ワード氏提供 25周年記念ワインボトル他
羽田コンベンションでの現金オークション 32,000円

※すいません、写真撮ってなかったです…

合計 237,500円

こちら熊本県健康福祉部発行の受領書です。



加えまして、コンベンションスタッフのLUCKY商会さんの方でも、コンベンションアイテムのヤフオク売上を8/8に送金しております。

こちらご参照ください。

以上、遅ればせながら報告でした。

あらためて、コンベンションアイテムのため、革ジャン提供の高円寺ゴリラさん、ヘルメットの加工を担当してくださったエアロクラフトKAZEさん、バイザー提供のYukizoさん、ありがとうございました。
ご落札いただきました皆様、ありがとうございました!

そして被災地の一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

では近々にコンベンションの報告レポートや動画のアップロードいたします。

あと今後の企画です。

★9/17、18
立川シネマシティでの「怒りのデス・ロード」極上爆音ライブスタイル上映。
自分は9/17を狙っております。

★9/25 九段下科学技術館スーパーフェスティバル
今回はブロークンヒーローズさんと共同出店。新作Tシャツも発表したく思います。

★10/10 モグラハウス主催ウルトラ・モーターフェスティバル
マッドマックス系車輌でのパレードラン予定です。
こちら追ってまた詳細お伝えします。

★10/末? そろそろ福岡でトークライブ&飲み会をやりたいと考えております。

以上、今後共よろしくお願いいたします!

次のページ >>
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]