忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

Thank you for looking at this page.

I can sell these items to overseas. If you find what you want, please email or message.
The payment method is PayPal. The postage will probably be 1000 yen to 3000 yen.

#BOOK : 40 YEARS HISTORY OF MAD MAX IN JAPAN V2.5
B5 size,Full color,164 pages.

The topics of mad max in Japan from 1979 to 2019 were collected. A self-published book I wrote.
All text are in Japanese. I hope to translate this into English someday.

3240 JPY


--------------------

# MFP Sunglasses "Maximum Force II"
It is my product that reproduces the shape of the sunglasses that appear in the movie.


12960 JPY

Details/English
--------------------

# T-shirts 1

3240 JPY~ 3600JPY
Size is Japan size. These are one step smaller than US size.

Items
--------------------

# T-shirts 2

 ALL 2160 JPY
Size is Japan size. These are one step smaller than US size.

Items
--------------------

# Stickers

324 JPY ~ 2052 JPY
Quality that can withstand outdoor use for about 3 years.

Items
--------------------

Please feel free to ask questions. Thank you!

snake@macleod.jp

PR

3/30(土)、31(日)。高円寺ゴリラさんと同じくエトワール商店街、フリースペースSOiLにて、マクラウド二日間限定ショップを行います!

今回はいつものTシャツ系よりは当方在庫のレザーアイテム、サンプル品がメインです。といってもそれほど数量はないのですが。何せ普段のイベント出店やシネマクラウドではなかなか販売できないものを持っていきます。

マクラウドの立ち上げから約15年が経過しました。
その頃、大阪のVSTOLさんがマッドマックスのMFPレプリカジャケットを世に放って我々に衝撃を与えており、その流れで私も何かやってみるか!と大好きな「ニューヨーク1997」「エスケープ・フロム・LA」の主人公、スネーク・プリスケンの着ているレザージャケットのレプリカを作るところからマクラウドはスタートしました。はじめて銀行からお金を借りたのもこの時ですね。

スネークのジャケットは普段着にも使えるし、着る人の年齢も選ばないというところで絶大なる自信を持って開発に取り組みました。

まあ結果はほどほどだったのですがw
最初に作ったのは高円寺ゴリラさん経由のつながりで、フライトジャケットのトップブランド、THE FEWさんのOEMで完成した「SNAKE RIDER spec 1」。これは当初考えていた、ヤレまくったスネークのジャケットとは全然違うベクトルに進み、オンリーワンの見事すぎるライディングジャケットに仕上がりました。まさかの展開でしたが、シルエットも美しくブランドの立ち上げにふさわしいアイテムに。まあ原価もかかってしまったので、決して安くはない売価になりましたが。

次に新しい型紙を起こして、国内縫製で作ったのがSNAKE VILLAIN。こちらは早々に完売。
色が剥げやすいホースハイドを使い、より映画のテイストに近づけました。
さくっと羽織るにもこちらも方が楽で良かったですね。

そのVILLAINの別革バージョンが「V2」。ヌメ革を使って、逆に色をつけていって映画のイメージに近づけられないかを探ったモデル。

そして近年作成したのが「VILLAIN TYPE III」。こちらはムラのあるバッファローハイドを使い、最初から映画っぽい感じを狙ったもので、縫製はパキスタンに投げてコストダウンを目指してみました。

とまあ、我ながらあの手この手で、ブレずに長期間に渡ってスネーク・プリスケンの劇中衣装っぽいものを目指し続けたのですが、さて次はどうしたものか?

で、今回は「SNAKE RIDER spec1」「V2」の在庫を50%OFFで放出します。
といっても、「RIDER」は40サイズ✕3着。「V2」は36サイズ✕1着しかありませんが。
他、製作の過程て入手した古着やサンプル縫製品も売りに出します。

他、Tシャツや細かいものも持っていけるだけ持っていきますので、二日間、是非お立ち寄りください。

会場は高円寺SOiL。こちらは高円寺ゴリラさんが立ち上げたレンタルスペースです。
小さい展示会やミーティング、その他色々な用途で使えますので、こちらも是非よろしくお願いいたします。普段は占いサロン「sol」さんもこちらを使っております。

なお、このウイークエンドショップ、通販には非対応となりますので、予めご了承ください。
よろしくお願いいたします!

2019年1月28日より2月7日まで、長期出張のため通販業務がストップとなります。

何卒ご了承ください。

メルボルン、マッドマックス40周年記念イベントへの参加。

よい成果を日本に持ち帰りたいものです。

帰国後のスケジュールは以下のようになります。

2/10のワンフェスも出店いたします!

よろしくお願いしまします!

急遽の新製品案内です。

コミケット95用に作成した同人誌「タクシードライバー スリーブガン百科」(B5 フルカラー 32P)と、スリーブガン組立キット同梱セット、加えて組立キット単体。

こちら通販対応開始しました。

●同人誌「タクシードライバー スリーブガン百科」は、映画「タクシードライバー」(76)に登場するスリーブガンの機構解析と、他に映画に登場するスリーブガンについてまとめた小冊子です。

※但しこちら、「マッドマックス40年史」同様、後日増補改訂版になる可能性があります。予めご了承ください。

●スリーブガン組立キットはこれまでリリースしてきた「びっくるくん」シリーズの廉価版的位置付けのものです。機構をある程度踏襲しつつ、徹底的にコスト削減。組み立てながらトラヴィス気分が味わえるというお得なセットです。作りが簡素で華奢な分、あまり重量のあるものを取り付けると動きが渋くなります(マルシンのヘビーウェイトモデルガン コルト25はぎりぎり)。

当方販売のエスコートレジンモデル、クラウンのエアコッキングガンのコルト25、カネキャップ使用の駄物ガンあたりが取り付けにオススメです。
同人誌との同梱版はちょっとお買い得になっています。



「タクドラ」プロップの見栄えや機構を完全再現した「スリーブガン びっくるくんV型」共々よろしくお願いいたします。


今年はトークライブも数多く開催し(16回!)、様々な達人の方にご登壇いただきました。
ご来場いただいた皆様のおかげもあり、実に楽しい一年を過ごす事ができました。
「マッドマックス・コンベンション」はお休みしましたが、自分にとっての集大成でもある同人誌「マッドマックス40年史」「V2」を作る事ができたのも大きな収穫でした。
そしてMMconは2019年に向けて、しっかり仕込みが始まっております。まずは一ヶ月後に迫った大仕事、ロケ地探訪の旅ですね。日本からの参加者約20名。実に楽しみです。
秋は「ゾンビ」(78)のライセンスTシャツの発売、ノーマン・イングランドさんをお招きしてのトークライブ、東京コミコン「ゾンビ」ブースでもがんばりました。この流れもここで絶やさず来年の「ゾンビ」日本公開40周年に活かしたいと思います。
そして土壇場でのコミケと新製品「スリーブガン組立キット」!

会っという間の充実した1年でした。来年も更にせわしなく動き続けたいと思います。
本年もご愛顧いただきありがとうございました。マクラウド年末年始の営業は特に休みはありません。出荷できる在庫があれば、随時出荷します。

では皆様良いお年を!

マクラウド初の版権取得アイテムとして「ゾンビ」(78)シリーズ、遂に発売開始です。

店主フェイバリット映画として「マッドマックス」シリーズと並ぶ「ゾンビ」。「ゾンビ」は色々あるけど、何言ってやがる、「ゾンビ」は「ゾンビ」しかないでしょう。ジョージ・A・ロメロ監督による1978年製作作品「ゾンビ」。

今回、3アイテムをリリースです。

●「The Mall」


ブラックボディに、主要キャラ4人のあのカッコいいポーズをメインにフィーチャー。いい感じにまとまりました。ただあの有名なモノクロスチル、ピントが今ひとつでなんだかぼやけてるんですよね。これをTシャツにプリントする場合、ちょっとどうなるか微妙だったので、ホワイトインクの他に中間色のグレーを使う事に。ひと手間増えましたが、納得の仕上がりになりました。

●「Japanese version」

日本版チラシをイメージして、Tシャツに落とし込んだデザインです。うちらしからぬ、どえらいインパクトになりました。これがまたホワイトとブラックのインク二色しか使ってないところがミソです。予想以上にインクの組み合わせがハマった自信作です。

●「Headshots」


こちらはグレーとホワイトをリリース。かつてのレーザーディスクを思わせるガスマスク柄に加えて、脳天を吹き飛ばされるゾンビ3名の方々を配置してみました。
「ゾンビ」の魅力って色々ありますけど、ここまで小気味よく人の脳天が吹き飛ぶ映画ってなかなか他にないでしょう。そしてそれが死人なので観ているこちらも罪悪感が湧かないという。

今回この3種類のデザインのTシャツを発売させていただきます。
先日開催したシネマクラウドEX4で先行販売。そして11/30〜12/2の東京コミコンでは今回の「ゾンビ」シリーズをメインにしたブースで、当方マクラウド出店させていただきます。

配置的にはこんな感じです。


是非遊びに来てください。今回、当方より先行して「ゾンビ」グッズを作成しておられるテロファクトリーさんのTシャツとカレンダーも販売します。
ネタ的に「ウォーキング・デッド」ではなく、あくまで40年前のゾンビでして、なかなか浮きそうですがそこはもうド根性で乗り切りたいと思います。

そしてこちら「ゾンビ」シリーズお買い上げの皆さんには、サービスとしてこちらダンボール箱を進呈させていただきます(イベント販売、通販どちらも)。

これは「ゾンビ」劇中、モールの屋上部屋に備蓄されている非常食料(クラッカー)の箱です。この箱、映画の小道具ではなく、60年代の冷戦期、マジでアメリカ国民が核戦争におびえていた時代に作られたシェルター備蓄用アイテムのひとつです。劇中に登場するものは「62年」のスタンプが押されています。作品の撮影時期からしても、すでに15年経過したものだったのですね。で、この箱の約1/2サイズのレプリカです。Tシャツだと3枚くらいは入るでしょう。
商品1対1という訳には行かないのが申し訳ございません。
希望の声があったら、箱のみセット販売も検討しようかと思います。

また併せてこちらは映画本編のアイテムではありませんが、かつでピッツバーグに存在した運送会社をモチーフにしたパーカーです。こちらもよろしくお願いします!
こちらパーカー、通常6480円ですが、東京コミコンではなんと5000円というサービス価格にして販売いたします。数に限りがございますので、お早めに!

尚、これらアイテムは12/2に東京コミコン終了後、12/4あたりから出荷開始となります。何卒よろしくお願いいたします!

次のページ >>
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]