忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[1]  [2
タイガーマスク=伊達直人による寄付ブーム。

「しない善より、する偽善」なんて言い方はアレかもしれませんが、ともかく複雑な印象です。
いやらしい言い方をすれば、ちょっとしたポケットマネーで何がしかのプレゼントを購入し寄付すれば、孤高のヒーロー・伊達直人になれてしまう…。

そのお手軽な感じはいただけません。殺し屋レスラーたちとの戦いの中で勝ち取った、命がけの寄付金って事でもないんでしょうに。まあ、そのシチュエーションは現実にはあり得ませんけどw

でもこんな超世知辛い世の中。
TVはバカ丸出しだし、政治は毎日笑わせてくれるし、PCブラウザを開けば詐欺まがいの広告だらけだし、メール受信すればスパムメール山盛りだし、ほんとにこの国やばくね?と思う昨今。
特に正月早々話題になったゴミおせち事件みたく、二重価格当たり前のクーボン詐欺師共が跳梁跋扈している現状には辟易とさせられますね。

寄付ブームは手放しで賞賛できる事じゃないとは思うんですが、こんなヒドイ世の中でタイガーマスク=伊達直人的な生き方がスポットを浴びたって事は、もしや明るい話題なのかも知れません。


で、伊達直人と言えば愛車はランボルギーニ・エスパーダ!

espada1.jpg





フロントビューも。

espada2.jpg





YOUTUBEにありました、エスパーダの雄姿!うひょーかっこいい!この時代のカーデザインはほんとに至高ですね。

ついでにチェックしたら、動画あったあった!
エスパーダの前身、1台こっきりのプロトタイプ、ランボルギーニ・マルツァル!

まさか走っている動画が見られるとは!すげー、なんか絶滅した恐竜を見ている感覚っす。しかしやっぱカッコイイぜ、マルツァルも。子供の頃、思い描いた21世紀の未来カーはこんな感じでしたが、現実はプリウスっすか、はぁ……。

と、余談でした。

イタリアついでに、タイガーマスクのイタリア版について。

アニメはあちらもで放映されて、イタリア人的には結構有名な日本アニメなのかも知れません。イタリア版吹替の最終回の動画に、なんと約12万アクセスあったり。



この再生数って何気に凄いような気も。全く読解できないけど、コメントも熱そうな。

多くのイタリア人にも伊達直人の凄絶なラストバトルが伝えるところの真意が理解できているなら何よりですが。

あと、菅直人もまじめに働けばいいのに。
PR
久々に本屋さんへ。

何気なしにデザイン関係のコーナーを見ていると、“スパイ手帳”なる言葉が目に入りまして、何事かと思ったら「デザインのひきだし」という雑誌(季刊なのかな?)に、「スパイ手帳付き!」というスタンドポップが添えられておりました。

一応念のためアフィを。



なかなか興味をそそられるも、シュリンク包装してて立ち読み不可。
一度気になったらもう引き返せない。少々お高い本でしたが購入してみました。

中身は紙、凸版印刷についてのあれこれを、実際の印刷例を多数挿入して紹介。
オフセット印刷どころか、電子出版に注目が集まる今、「嗚呼、今のうちなら、まだこういう事もやろうと思えばできるんだなぁ…」と気づかせてくれる特集でした。

この雑誌、もう10号目。バックナンバーもうちの近所の本屋さんには並んでいるんですが、全部ビニ本なので買うの怖いっすぅ…。

で、肝心のスパイ手帳の話。

そんな紙と印刷にこだわった号の特別付録がこれなんです。となりのはウチのやつね。

DSCN0350.jpg






奇しくも「スパイ」の文字デザインが似通っております。もちろんこれって双方「スパイ大作戦」の日本版ロゴにインスパイアを受けておる訳で、あらためてその影響力のデカさに感服っす。

このスパイ手帳、単なる無地ノートなのかと思ったら、紙へのこだわりありきで、

●水に溶ける紙
●筆記用具がなくてもコインで書ける紙
●水の中でも破れず読める紙
●変装タトゥーシール(傷、ほくろ)
●スパイライセンス(お約束だね)

という作り。変装シールはうちもスパイ手帳に入れようと思って、コスト面で断念したアイテムだったのでなんだか負けた気分。

ちなみにウチの“非情なるスパイ手帳”のこだわりポイントは、ビニールケース。いわゆる“ビニパス”スタイルだけは絶対に譲れない部分でした。くだらねーw

これらを一冊で綴じて、付録としてちゃんと大量生産しちゃうんですから、やっぱりちゃんとした出版社のやることはソツがないですな。

ともあれ、デザイン、印刷、スパイ手帳の3つに興味のある方、この「デザインのひきだし 10」は買いですよ!
おっと、そんな人いるのか?


で、スパイ手帳がそんなお硬い感じの本の付録になっちゃうなんて、やっぱり同世代の仕業か。
同世代と言えば、考えて見れば、ロバート・ダウニー・Jrは私と同い年でした。

という事でアイアンマンは、別所哲也のウルトラマン、吉川晃司の仮面ライダーに並ぶ、昭和40年生まれのおっさんヒーローだったのであります。


昭和40年といえば、まさにズバリ「昭和40年男」なんていう雑誌が刊行され、3号目を迎えております。同世代の著名人へのインタビューにはじまり懐かしグッズ、サブカルの紹介がメイン。

51jUADKOjA.jpg








“おお、俺のための雑誌か?!”って期待したんですが、ちょっと方向性ズレてるかなぁ。

あくまで総合情報誌スタイルなんだけど、昭和40年世代ターゲットなら、もっとガキっぽい内容でもいいと思うんですが。スーパーカー消しゴムとかUFOとか。

おいおい私好みの面白い雑誌になってくれるように期待してます。


「びっくるくん」を世に出して以来、色々と環境が変化しつつあります。
本人が思ってる以上に、インパクトがあるんでしょうかね。

フィギュア企画が水面下で進行していたり、ガン雑誌にはちょろちょろ紹介してもらったり、久々に映画秘宝さんと交流があったりetc。

で、来月、7/10〜8/8。下北沢のショップスペースの一角をお借りして、映画Tシャツ系扱いの5ブランドが集まって、期間限定ショップを開催する事になり、そこに混ぜてもらう事になりました。

音頭を取ってるのは「ビンセントベガ」さん。

タランティーノ、スコセッシをメインにしたブランドさん。
2月のワンフェスで名刺交換して、今回のお呼ばれに至った次第です。

goodfellas_L.jpg



アイテムとしてはウチは「マッドマックス」メインな訳ですが、ちょっと毛色が変わってしまうので、ここは一発空気を読みつつ、「びっくるくん」に加えて、何か新作Tシャツ的なものを用意して参戦したいと思います。

で、この「グッドフェローズ」。
販売イベントっていうよりは、各ブランドのプレゼン的な意味合いを重んじた部分が強い感じです。

こちらとしても、ある意味ライバルブランド的なショップさんたちと軒を並べる訳ですから、顔では笑いつつ、それなりの緊張感を持って出撃予定ですw

詳細は随時告知しますので、よろしくお願いします!


で、ジーンズと駄菓子屋武器セット発売に向けて、HP更新作業中。
うーん、毎度毎度、面倒ですHPの更新ってやつは。
なんとか明日中には終わらせたい〜。


↓こちら画像は「虎びすジーンズ」のポケット部プリント。

tj-01c.jpg








某びすジーンズよりもかなり控えめなサイズで、シンボルマーク的なものを。
これ、ささっと作ったマークなんですが、何気に気に入ったので、以後も使う予定です。

↓「ORESAMA ATTACK」のポケットプリントはこんな感じ。

tj-02c.jpg








うーん、やっちまいましたねw

しかしジーンズへのプリントって仕上がりがなかなか面白いですな〜。いいボディがあれば、デニムジャケットでもやってみたい気が。

って訳で、くだらないアイテムですが一本いっとく?
デニムにTシャツ感覚でプリントしてみようと思い立ち、着々と企画を進めていたのですが、
ようやく商品としてリリースできそうです。

少々子供っぽい感じもしますが、私的にはこういうのアリなのです。

denim2.jpg







これはまだ画像加工レベル。実際のプリント作業はこれからです。
ベースはユニクロのストレートタイプ。

裾直しはお受けできませんが、ロールアップ時のアクセントとして裾裏地にもちょっとしたプリントを施します。あと後ろポケットにはなんちゃってブランド名を。

で、商品名。

左の虎の絵が入ったものが「虎びすジーンズ」

右のヒューマンガス様柄が「ORESAMA ATTACK」

どちらもどこかで聞いたようなネーミングで恐縮ですが、まあライトな作りのユニクロデニムをベースにした、冗談まじりのご近所ジーンズって事で。

シルエットやら何やら、普段履きには問題ない高コストパフォーマンスのユニクロデニム。
例えば、やたら凝ったつくりの日本製ブランド品にはかないませんが、値段の安さからすると、これぞジーンズの本来の在り方「労働者の履物」って感じがして、個人的には最近、積極的にユニクロデニムを好んで履く傾向にあります。まあ、作りは薄めなんですが、それもまた良し。

ただ、やっぱり問題は所謂、街中での「ユニバレ」ってやつですね。
数が出回ってる分これは避けられない事なので、だったらベースにしてカスタマイズしちゃえばいいんでないの?的発想です。

デザインについて。

denim.gif








左「虎びすジーンズ」。

最初、あまり深い考えもなく虎ちゃんの絵が可愛いくプリントしてあればいいや的にデザイン作り始めたのですが、やはり理屈がないとデザインが作れないワタクシ。

虎の顔を三つ並べたところで、「続・夕陽のガンマン」が脳裏に浮かび、ちょっとそれ風味のアレンジを加えてみました。文字は原題「良い子、悪い子、卑怯な子」のイタリア語表記です。

如何でしょうか? 結構気に入ったのでTシャツへのプリントも検討しております。


「ORESAMA ATTACK」は、そのネーミングがふと頭に浮かんだ時点でデザインもさくさくっと仕上がりまして、最近のアイテムの中では安産の部類。

しかし今年は去年とは打って変わって、結構デザインを作ってますな〜。

おかげで最近、マウス操作しすぎで、ちょっと腱鞘炎気味です。
がんばれ俺!

という訳で、近日発売です。乞うご期待ください!
という訳で、虎びす屋のスパイ手帳が完成しました。

内容盛りだくさんにしすぎて、時間はかかるわ、コストはバカ高くなってしまうわ、こんな事やってていいのか俺?状態ですね、もう。

DSCN0224.jpg




しかし何故に今、スパイ手帳なのか?
ちょっと唐突すぎやしないか?

そういやYOUTUBEに当時のCMがありました。
「スパイ手帳なにそれ?」って方にはニュアンスくらい伝わるか?



だから?ってアイテムすな〜やっぱりw

あと、スパイ手帳と同時にすすめている駄菓子屋の鉄砲おもちゃの詰め合わせセット「駄菓子屋ファイアーアームズ」のラベルも完成。

91221808.jpg








おっと、どっかで見たような…という駄菓子屋テイストを踏襲しつつ、我ながら心おどるラベルに仕上がりました。下品な色使いも重要なポイントですね。

しかしながら、スパイ手帳のカバーといい、このラベルといい、何故に私は駄菓子屋テイストから離れられないのか?

そんなに昭和に戻りたいのか?!

うーん、戻りたいんでしょうね、幸せだったあの頃にw
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]