忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[1]  [2

2015年。新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年はマッドマックス・コンベンションはじめ、かつてない充実の1年でした。
本年もこの勢いを失わないよう、攻めの1年でありたく思います。

早速新製品のお知らせです。
ようやく大晦日に商品ページとカート作成完了しました。
スネーク・プリスケン レプリカジャケット「VILLAIN TYPE-III」遂に発売開始です。


思えばこのスネークなレザージャケット、10年以上前からの取り組みでありました。今回、海外縫製で最初からヤレ感のあるアンティークブラウンのバッファロー革を使用。
これまで全モデル、ホースハイドを使用してきたのですが、今回のバッファロー革、大変柔らかくて着やすく、見栄えも映画のイメージをうまく再現できており、縫製クオリティも高く、予想を遥かに超える満足度となりました。

とにかく微妙にムラのあるブラウンの革が、ちょっと前に流行したダメージ加工モノより遥かに自然体の迫力を醸しだしているところが自分的には最大のセールスポイントです。
映画衣装の再現云々以前に、汎用性が高く、ダブルの革ジャンなのに着る人を選ばない、それでいてさり気ない凄みを放つ。

うーん、言うことなしです。ここまでコストパフォーマンス高いアイテムが作れたのは、理由が3つあるように思います。

●スネーク着用の革ジャンが持つ普遍的なディテール
●私の解析作業を綺麗な日本人向けシルエットに落とし込んだパタンナーさんの素晴らしい仕事
●水準が高く、かつ安価なパキスタンでの縫製

この3つが見事に噛み合った結果だと思います。
今回は非常にラッキーでした。以後は、このモデルを定番として生産し続けて行きたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。

現物を観た上で…という方は、高円寺ゴリラさんに在庫がありますので、お問い合わせの上、是非行ってみてください。



------------------------------------

もう一点お知らせです。

年末のハリコン会場で販売しましたTシャツ「ダリル・ディクソン Angel Wings」、しばらくスポット商材として取り扱います。

ご希望の方はこちらからどうぞ!



では本年も何とぞよろしくお願いいたします!

次は1/11のスーパーフェスティバル
その次は2/8のワンフェスですね。

乞うご期待ください!



PR
スネーク・プリスケン レプリカレザージャケット
「VILLAIN type 3」



年末の色々で発売開始が遅れております。

製品自体はもう手元にありますので、あとは告知ページを作成し、カートを設置するだけ。
もうしばらくお待ちください。
なんとか今年中にUPしたいのですが…。



革はバッファローハイド
色はアンティークブラウン
36〜42の4サイズ
縫製はパキスタン
価格は税込み75,600円(税込)です。

一時期流行したダメージ加工とは全く違う、微妙にヤレ感の出たブラウンの革を縫製。まさに製品段階からスネーク・プリスケン度MAXな理想的な仕上がりとなりました。

またダブルのレザージャケットでありながら、非常にカジュアル衣装として着やすいです。
是非、多くの方々に普段着として使っていただきたく思う所存であります。
乞うご期待ください。



海外ファンたちから背中を押される形でリリースすることになったスネーク・プリスケンなカーゴパンツ、新バージョンのMODEL 1997-II。

本日ようやく詳細をUPしました。

ついでに迷彩パターンの解析についてこちらに。

さて、特に海外のスネーク・ファンの方々からのリアクションがどうなるか?
売上どうこうよりも、そっちが気になってしょうがないですね。

あと、円高真っ盛りな昨今。
さりとて今回は少量生産のため原価もかなりかかってしまい、設定売価は12600円から落とせないのが実情。

という事で少しでも買ってくれた方の満足度を高めんと、急遽フェイクレザーでなんちゃってアイパッチを作成して、ボーナスアイテムとして付属させることにしました。
どんな感じなのか、恥をしのんで画像UP...

IMG_9067.jpg








ちなみに、スネークのアイパッチなんですが、「NY」「LA」、何気に全然違う仕様だってことに今更気が付きました。

NYバージョンはカップ的な形状。ほんとうはこれを再現したかったんですが、ノベルティレベルで作るにはちょっとハードルが高かったので断念しました。

eye1.jpg








で、こちらがLAバージョン。
NYのものよりやや真円よりの形状で、フチにステッチが入っています。
eye2.jpg







形としては断然、NYの方がいいですね。若いころのカート・ラッセルの顔つきにもマッチしてます。
うーん、いつか、アイパッチの本気レプリカを作る日が来るのかしら?

と、私が今回用意した奴はLAバージョンのシルエットです。作りは超シンプルで、かつノゾキ穴が開いているなんちゃってタイプです。ゴリゴリのレプリカを期待しないでくださいね。


しかし今回、私が翻訳ソフト使って作成しHPに記した英文がちゃんと英語圏の人に伝わるのか?

ほんとはちゃんと英語できる人に添削してもらってからUPしようと思っていたのですが、バタバタで取り敢えず公開です。

さて、ようやく一段落。
次のプロジェクトはいよいよスマートフォン用ホルスターです。

本当は4月リリースのはずだったのに、もう半年が過ぎようとしております。
さあ、これ作って、餅代稼がないと!
まずはカーゴパンツ。

samplepic.jpg






なあんだ、前のと一緒じゃん!と言われそうな感じですね〜。
いやしかし、ごくごく細かい部分が大違い(←矛盾?)。

そういうパッと見、目に見えない部分が商品にオーラを与える!と思います、多分。
という訳で、サイズLとXLのみの生産となりますし、少量生産のため現状からは少し価格アップとなりますが、是非よろしくお願いいたします。

って、ほんといい加減オーダーページ作れよ、俺みたいな。


で、先日、ようやく手元に届きました。
「バトルトラック」の北米版DVD。

91g.jpg








ロジャー・コーマン配給のB級映画ダブルフィーチャーのお買い得版です。
同時収録は日本未輸入の「DEATH SPORT」

この盤、リージョンフリーならもっとよかったんですが、残念ながら北米仕様のリージョン1。

「バトルトラック」は日本では未DVD化のまま。
海外版をずっと探していたのですが、いつの間にかこういう形でリリースされており、嬉しい限りですね。

しかしよく見ると、この2本の作品、ポスターアートはタッチからして、同じ絵師の手によるものっぽい。
で、私はかねてよりこの絵師は「マッドマックス」北米版のイラストを描いた人だと睨んでいるのですが、未だ絵師についての情報をゲットできておりません。
だから?と言われるような話ですが、どうしてもいつか解明したいところです。

189134.1020.A.jpg









で、「バトルトラック」です。

bt1.jpg





タイトルは「Warlords of the 21st Century」。
あちらのポスターなどを調べても、「BATTLE TRUCK」版と二種類あるようです。

画質はまずまず。もちろん字幕はありませんが、監督のコメンタリー収録です。
訳が欲しいですね!

bt2.jpg





フレームサイズはスタンダード。
画面のレイアウト等を観るかぎり、やっぱり元々スタンダードサイズなんでしょうかね。

せっかくのニュージーランドの荒野の景観やらアクションやら、せめてビスタサイズの方が良かったような気がしますが。

bt3.jpg





で、スタントマンの足を踏んづけちゃうカットも鮮明に。
これ、何度観てもリアルにひどいっす。

で、中身はざっとチェックしてみましたが、日本公開版と同じ。

でもYouTubeにUPされている「Warlords〜」版の予告編は変なカットが混入されておりまして、ずっと気になっていました。
もしやアメリカ公開のロジャー・コーマン配給バージョンは、別編集で関係ない映画のカットを混ぜたのか?みたいな。

で、結論としては予告編にだけ、関係ないカットを混ぜるというインチキ商売だったんですね。

予告編に出てくるバイクが爆発する謎のカットは、このDVDに同時収録されている「DEATH SPORT」の映像でした。

この作品はデヴィッド・キャラダイン主演×ロジャー・コーマン製作の「デスレース2000年」に続く、シリーズ第二弾のようですね。日本では未だ公開はおろか、ビデオでも上陸しておらず。

ところが、これがなかなか! まずはトレーラーを。

bt4.jpg




圧政を敷いている帝国みたいなところに捕まったヒーローが、バイクを使った殺人追いかけっこ「デススポーツ」なる競技をやらされるみたいな、「バトルランナー」的お話。
デヴィット・キャラダインが変なメットかぶって、変なバイクに乗って大活躍。
しかも柔道着姿で!

この映画、公開が78年なので、そりゃもう「スターウォーズ」の大ブームの最中。そりゃコーマンの映画だもの。柔道着くらい着るわな、と納得です。

これはドイツ版ポスターですが、「ローラーボール」のイメージもあるのか?
うーん、しかし比較するのもおこがましい、果てしなく安っぽい映画でございます。

377427.1020.A.jpg








しかしこの作品。なかなかバイク映画としては見どころ満載!

bt6.jpg





bt5.jpg



善と悪の手に汗握る壮絶なチェイス!というよりは、珍妙なデコレーションを施されたオフ車が、悪路を走り続ける様を延々撮ってる、なんとも口元が緩む作りというか、これだけオフ車走行シーンを撮った映画ってないんじゃないの?と思えるくらい、バイク走行シーンばっか。

走っているライダーたちのブーツなんかも、当時のオフブーツとかで、意外とかっこ良かったり。

で、クライマックスはデヴィッド・キャラダインVS リチャード・リンチのチャンバラ対決!

bt7.jpg




まあ、やっぱスターウォーズなんすな。
でも剣を光らせる予算はなし!みたいな。

この作品、「マッドマックス」公開の前年に既に存在していた近未来バイク映画として、ほんのちょっぴりですが、評価されるべき作品かも知れません。

字幕はないし、ドラマ部分はたるいですが、アクションシーンは悪くないっす。
いや、むしろ好きかも。
これはしばらく接待ムービーとして活躍しそうです。

一応、日本のAmazonでも購入可能です。
もう在庫は1枚のみか?

いい買い物をしました。
ようやくスネーク・プリスケン レプリカ、カーゴパンツMODEL 1997新型のサンプル縫製があがってきました。

作業が遅れておりまして、リリースは9月後半になりそうな感じですね。

で、前回からの変更点はぱっと見、あまりわからないと思いますが、
まず迷彩パターン、そして生地&迷彩色も微妙に変更しました。

北米版ブルーレイありきですが、より劇中の衣装に近づいたと自負しております。
この微細な変更により、初代モデルよりも若干、普段履きに使いやすくなったと思います。
ほんと、コントラストちょっといじっただけで、全然イメージが変わりますね。

P8251687.jpg








あとはとっとと受注ページの作成。
急ぎたいと思います。

今回はこれ、業者さんの協力で、自らの手で巨大シルク印刷に挑戦したのですが、自分史上最高に疲れるプリント作業でした。ほんとにヘトヘトです。
先日ようやくプリントが終わり、来週から工場で縫製にかかります。

しかしそもそもこのパンツ全面へ多色印刷するという企画、色々な国内業者さんに断られた経緯があります。
で、MODEL 1997ファーストバージョンは中国にて生産しました。

今回、国内で自らの手でこれをやれた事で、以後の商品開発に弾みがついた感じです。

「もう刷れないものはない!」

と偉そうに。
いや、協力してくださった(というより、全部段取りしてくれた)業者さんに感謝&敬礼です!

4608670_1274049501_100large.jpg





 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]