忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

遅くなりましたがようやくマッドマックス・コンベンション2016、予約受付を開始しました。
おかげ様で幸先の良いスタートです。全然告知が弱いので、これから大慌てでプロモーション開始です。

<ショピングカートについて>

携帯・スマホからのご注文の場合、自動返信メールが弾かれる場合が確認されております。お申し込みのあと、直ぐに自動返信メールが届かない場合は snake@macleod.jp マクラウド白石までお知らせください。すぐに再送いたします。

<告知物について>

チラシ、ポスターがあがってきましたので、もし告知にご協力いただける車、バイク、映画関係のショップ様いらっしゃいましたら、ご連絡いただけましたら告知アイテム、送らせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

こちらB5チラシ

こちらB2ポスターです。

但し厚かましい注釈をつけるようで大変恐縮ですが、お送りするにも資材費、送料がかかるものですので、その辺ご熟慮の上、よろしくお願いいたします。

<マスコミ取材、雑誌掲載につきまして>

特に告知込みでの取材、大歓迎です。スケジュール的にはもう難しいところございますでしょうが、ご希望ありましたら即、プレスキット送付いたします。

当日の取材はご申請いただければ、プレス証をお送りします。ゲストへのインタビュー取材につきましては、スケジュールがタイトですので、難しい部分ございます。各会場でのトークセッションの採録は問題ございません。
予めご了承ください。

<サイン会につきまして>

今回、大変多くの方が初来日のスティーヴ・ビズレイ氏、ロジャー・ワード氏からサインをいただきたいと考えているのではないでしょうか。
今回の流れは以下のようになります。

MMコンHPからショッピングカート経由でチケット購入手続き

銀行振込またはクレジットカード(PayPal決済限定)でお支払い

ご入金完了した順に、会場毎のサイン整理番号を発行し、チケットに添付して郵送いたします。



当日、会場では整理番号順にてお呼びしますので、その順番でサイン、ツーショット写真撮影を行ってください。

但し、ビズレイ氏、ワード氏のサインはお一人様1会場につき1枚となります。
もしも時間に余裕がでましたら追加枠など検討したいと思います。

その他、サイン会に関する注意事項はMMコンサイト、またはショピングカートを必ずご参照ください。

<前夜祭の宿泊につきまして>

筑波温泉ホテルでの宿泊イベント。まさにマッドマックス合宿です。
こちらホテルキャパの都合上、3〜4名相部屋が基本となります。但しご夫婦やご家族、グループでのご参加の場合、そうもいかない場合がございます。

部屋割りに関しては、極力ご要望にお応えできるように留意いたしますので、お申し込み時、備考欄にご要望をご記入ください。

また各フロアにスタッフ部屋を設けておりますので、様々な雑事に対応できるかと思います。

こちら夕方、サイン会が終了した段階でゲストは別のホテルへ移動いたします。その後はゲストなしのファンミーティングとなります事をご了承ください。

但し、景品多数ご用意のマッドマックスビンゴ大会など、出し物を検討しております。
その他、宿泊宴会に関する注意事項はMMコンサイト、またはショピングカートを必ずご参照ください

<筑波サーキット・パレードランについて>

カスタム車両コンテストご応募車両を対象に、希望者にてパレードランする企画です(別途1000円必要)。

参加車両に厳格なレギュレーションはありませんが、マッドマックスのテーマから外れたもの、族車テイストのもの、走行に危険が伴うもの、他車両に迷惑がか かるもの、コース路面に損傷を与えそうなものなど、当日主催判断で参加を見合わせていただく場合がございます。何卒ご容赦ください。不安な場合は事前に主催までお問い合わせください。

また、先導車ありのパレードランですが、参加ライダーはヘルメット、ブーツ、グローブ着用に加え、肌の露出がない装備の着用が必須となります。コチラも不明なお問い合わせください。

6/10現在、27台のエントリーがございます。今年はまず何台のグースKwakaが集まるのか?悪者仕様は? その他世紀末テイストも大歓迎です。

なんといってもグースご本人に日本ファンならではの熱さを見てもらいたいですし、世界のファンたちにも壮観なビジュアルを見せつけてやりましょう!

暑い中の催しとなるでしょうが、これが俺たちのマッドマックス甲子園!二度とないような企画ですので、ギャラリーの皆さん共々、熱中症対策を万全にして、楽しみましょう!



俺MAXコンテストのもうひとつの目玉。コスプレコンテスト。
こちらも是非奮ってご参加ください。カスタム車両コンテスト共々、賞品を用意しております。

<土足禁止について>

筑波サーキット、午後は体育館の中でのトーク&サイン会となります。基本的には土禁となります。スリッパやご持参の上履きに履き替えていただくか、靴を持って移動するのが面倒な方にはシューズカバーをお渡しします。

ライダーの皆さんの場合もブーツを脱いで、手で持って歩くのは面倒ですので、ブーツカバーをご提供いたします。
但し、つま先に鉄板が入っているオフブーツ系の方は、ウレタンを貼り付けた上でブーツカバーを装着していただく事になります。
コスプレの方の場合も、ブーツに関しては同様の処置をしていただきます。

ご了承ください。

では是非、皆様ご友人お誘い合わせの上、ご来場ください!
私もかつてない規模のイベントで、気合が入っております。

PR

すっかり二ヶ月切ったタイミングで正式告知となってしまいました。

マッドマックス・コンベンション2016,今年もやります!
そして遂にグースの来日実現です。



実は昨年もスティーヴ・ビズレイ氏の来日、実現寸前だったのですが、運営の都合上で断念し、あらためて今年、オファーを出させてもらい、ロジャー・ワード氏共々ご快諾いただき初来日していただく事になりました。

特に日本ではグースの人気は世界一でしょう。
初の来日で、聞きたい話は山程あります。それにもましてサインを貰いたい方も多いでしょう。
昨年のコンベンションを体験して痛感したのは、その匙加減ですね。
イベントとしてどう針を振るか、今回は昨年以上の正念場のような気がします。

今年は16日が前夜祭。いつもの宿泊イベントスタイルです。
日中はゲストのお話を伺ったり、サインをもらったりもありますが、夜は気兼ねなくマッドマックス仲間で大宴会です。

17日は筑波サーキット、コース1000と敷地内の体育館でのコンベンションです。
グースバイクや悪者バイク、そしてマッドマックスを意識した世紀末カスタム車両。
そういう皆さんにお集まりいただき、ゲストの乗るインターセプター等の車両とともに、コース1000でパレードランをやりたく考えております。
雑誌取材ももちろんですが、海外に「どうよ!」っていう日本のマッドマックス・シーンを見せつけたいですね。

もちろん午後はトークコーナー、サイン会、そしてサイン待ちの皆さんが退屈しないように私がプロジェクター張り付きでトークライブをやります。

18日は筑波に来られない方向け。羽田空港・国内線にあるギャラクシーホールにてトークコーナー&サイン会です。ビズレイ氏とロジャー・ワード氏はそのまま終わったら帰国されます。

今回、役者さんたちのスケジュールの都合で関西、九州(福岡案を進めていたのです)には行けませんでしたが、いつかリベンジしたいですね。

しかし未だにグースとフィフ隊長が日本にやってくるなんて、信じられません。
仲介に入ってくれているカンダリーニ役ポールさんとのやりとりばかりですので、未だにあのグースを日本に招くというプロジェクトに対して、まったく実感がありません。

という事で、多くのファンの方たちにとっては、今回のコンベンションはマッドマックスファンとして究極の体験になるよう、がんばってセッティングしたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします!
随時更新していきます!

マクラウド白石

なんと5回目、しかも長野遠征という事になりましたよ「マッドマックス・トークライブ」。

5/15(日)、17:00〜19:00
場所はJR長野駅前の書店、平安堂 長野店内3Fカフェとなります。
頻繁にイベントをやられているスペースです。



今回はいつものネタの再構築ですが、比較的「怒りのデス・ロード」よりのプログラムになるかと思います。ただ最新作の場合は、スタート地点があまり変わらないので、我々古参ファンよりもむしろ若いファンの方々の方が回数見ていて、詳しい部分があるので、正直やりづらい部分もw

ただまあ、そうは言っても古参の意地もありますし、私の場合はたまたま日本国内のプロモに少しだけ噛ませていただいたので、その辺で興味をそそるお話ができる部分があるかとは思います。

長野のマッドマックス好きの方、是非お立ち寄りください。

お申し込みは平安堂様の方へ直接か、私の方へメールやメッセージ経由で。

で、なぜに長野で開催かと申しますと、90年代後半からしばらく、レンタルビデオ稼業時代、平安堂様でお世話になっておりまして、その縁でお声を掛けていただいた次第です。

あと、今年のマッドマックス・コンベンション2016の告知もできればいいのですが。
そろそろ発表段階に進みたいですね。

ではよろしくお願いします!

しばらく溜めっぱなしだったHP更新を。

まずはTシャツ関係は新作「BROTHERS IN ARMS」はじめ、イベント販売のみだったアイテムを追加しました。

永らく欠品だったロードウォーリアーオルゴールもようやく再入荷。

 

これも本当は「2」仕様のハッピーバースデイ版に加えて、「フューリーロード」仕様も欲しいところですね。ほんの数秒の出番ですが。
併せて雑貨類は一箇所にまとめました。

MFPキーホルダーは新仕様にバージョンUP,価格変更で972円となりましたが、革質も良くなりましたので是非!



タクティカルベスト「M83」レプリカ、こちらも少量入荷中。「フューリーロード」仕様マックスのコスチュームには欠かせないアイテム。劇中再現となるとなかなか大変な作業にはなりますが、それもまた良し!

そして着々と進めてきた玩具企画「ドクロコマンド CYBORG WARS ドクロダー」シリーズが、いよいよ4/24のスーフェスで本格始動。

最初はネタではじめた企画でしたが、うっかり手が滑って本気の企画になってきました。とはいえ、有り物のボディ素体にオリジナルヘッドと武器を装着したアイテムですが、パッケージや説明書など、色々とガレージ怪獣TOYの世界にはないノリに挑戦してみたつもりです。末永く続けば良いのですが。

是非よろしくお願いします!

あと本年の「マッドマックス・コンベンション」です。こちら近日、発表できそうです。
いよいよあの人が!

まじで乞うご期待ください!

今回はゲスト有り企画だったので、ちゃんとレポートを!

3回目となった私めのマッドマックス・トークライブですが、今回は「マッドマックス2」ネタを軸に行いました。

しょっぱな「マッドマックス」1作目の宣伝を担当された方から得た新情報のレポートもやったのですが、それは色々重要な話が含まれております故、あらためて別枠で日記にまとめますので、しばしお待ちください。

で、まず最初、つかみのネタとしてこういうのを用意してみましたが、果たしてウケたのはどうか、ちょっと自身がありませんです。

さて本題。

●81年暮れに放映された日テレ特番についてのネタ。

映画秘宝EX の取材で、当時「マッドマックス2」撮影現場へ実際に行かれたカースタントの雨宮正信氏と、新倉廣治氏のインタビューに同行できましたので、その辺のエピソードを少々。お二方が撮った写真は超レアなので、その辺惜しげも無く掲載している「映画秘宝EX マッドマックス・ムービーズ」、もし未読の方いらっしゃったら是非!

しかしオーストラリアでは当たり前の情報でも、なかなか日本に伝わってこない情報ってあるよなぁ〜とつくづく思います。新倉氏からお話を伺って、マッドマックス2の空撮は、バイロン・ケネディの個人所有のヘリによるものであり、更には現場でそれを運転できるのはバイロン・ケネディしかおらず、全部自分で飛ばしていたっていう話を聞き、思わず唸りました。
上の特番画像、右側のショットなんかも、これはバイロン・ケネディが日本の撮影隊のためにヘリを飛ばして撮ったものでしょう。

この「カースタントに賭ける男たち」。新倉氏によるともう製作会社が存在していないとの事で、日テレに保管されていなければ、マスターは残っていないだろう、との事。
日本国内でいくつか当時の録画が確認できておりますので、やはりそこからオフィシャルのソフトに収録とか、そういう形で陽の目を見てほしいですね。

●ブロークンヒル・ロケ地ビデオ
次に、今回のためにわざわざブロークンヒル在住、マッドマックスミュージアムの館長エイドリアン・ベネット氏が撮影してくれたマッドマックス2ロケ地動画を、編集し字幕を付けて上映しました。


自分も11年前にブロークンヒル・ロケ地めぐりをしましたが、当時行けなかった場所も多く、今回、エイドリアン氏は半径100km以上の距離を2日に渡って移動し、主なものはほとんど撮影してくれて、ほんとにその労力に感謝でした。自分は氏とはまだ直接面識もないのですが…。
このすばらしい繋がり、以後も大切にしていきたいものです。

これはクライマックス、タンカーが横転するコーナーですね。ヒューマンガストラックが突っ込んで来る姿が目に浮かびます。



この直近のブロークンヒルの風景。数年前、豪雨のせいで植物が生い茂ってしまい、フューリーロードの撮影を断念せざるを得なくなった時に比べて、現状はかなり元の荒野に戻っているんですね。これも驚きでした。いやぁ、また行きたいもんです!

●野性少年エミル・ミンティ氏登場!

そして目玉企画。ネット電話経由でエミル・ミンティ氏の登場です。
色々予期せぬ技術トラブルがあって出だしがもたつきましたが、なんとか15分ほど、彼の姿をスクリーンに投影しながら、会場の皆でコミュニケーションを図る事ができました。



驚きのブーメランも登場。正真正銘、当時のプロップとの事。これは盛り上がりましたね〜。

今は宝飾品関係の仕事をされているエミル氏。これまた直接面識のない私のわがままを2つ返事で聞いてくれて、このようにサービス精神満点で出演してくれて、本当に感謝でした。
何より彼自身楽しんでいたようですし、娘さん、息子さん、奥さんまで紹介してもらえました。

技術的な難点はありましたが、今後もこのような形で海外の方と、イベントで通話するというのはアリですね。がんばって以後、問題点をクリアにして行きたいと思います。

しかし自分が高校の頃、まだ人語を話せなかった獣みたいな子供が今じゃすっかり立派になって…w


エミル氏、ありがとう!いずれ日本に来てくれる事を切に願うところです。

今回、参加はスタッフ入れて30名程。トークライブをやりはじめた当初からすると参加人数も落ち着いてきた感がありますが、少しでも需要があるうちはこうやって持っているネタを放出する場を作って、どんどんやっていきたと思います。

何せ、マッドマックスの新規ファンが増えるなんて嬉しい世の中が到来しているのですから、今やっとかないと後年後悔しそうですし。

おまけ画像
ヒューマンガス様ご本人(ケル・ニルソン)のサイン入りホッケーマスク!



ウォーリグのアクセル固定装置として使われた靴サイズ計測器。



いずれもフューリーロード仕様インターセプターのオーナー、KOUJIさんのブツでございました。

では次はあなたの街で!
というか、次は神戸でお会いしましょう!

画像提供 髑髏仮面さん

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]