忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[1]  [2]  [3
3日4日の山梨ULTRA MOTOR FESの余韻も冷めやらぬ中、今週末は引き続きイベント出撃です。

山梨UMFの方はちゃんとレポートしますので、しばしお待ちを。
一応、さらっと概要をば。

UMF002.jpg





MFP車両も過去最大数が集結!ありがとうございます!
パレード走行も壮観でした。動画編集してますんで、乞うご期待!
(でも三脚忘れるという大ポカやらかしまして、全編手持ちの深作風ですよ)

umf003.jpg





スーパーカー、クラシックカー、レア車両、カスタム車両、ハーレーetc。
実にバラエティに富んだ車両が秋晴れの中、勢ぞろい。
ギャラリーも大勢詰めかけ、大盛況のイベントでした。

我らマッドマックス軍団、ゲストにお招きしたデロリアン、ナイト2000、サイクロン&ハリケーン、CHP白バイ、金田バイクともども熱い注目を浴び、会場のいいアクセントになっておりました。

DSC_6665.JPG





こういう馬鹿げたパフォーマンスもw
いやこれがまたウケまして!

PB041660.jpg



二日間を締めくくるミラクルなショット。
富士山ありがとう!

とまあ、これらほんの断片です。

実に内容の濃い二日間でした。レポートがんばります!


で、本題、デザインフェスタです。

11/10,11,東京ビッグサイト、西ホール。
両日とも時間は11;00-19:00です。

私らのブースは「どくろTシャツ工房」、C-306になります。

こちらでTシャツボディ各種とシルク版を用意していますので、その場でご自分でTシャツをシルク印刷できる、体験ワークショップです。

dokuro2.jpg



価格はシャツ1枚1800円です。ガールズボディからキッズ少々、あとはメンズのXLまでボディを用意しています。

これはいつもウチがシルク製版をお願いしている取引先のタガワセリグラフさんとの協同企画。
Tシャツの印刷ってどうやるの?という疑問も一発解决。

あとタガワセリグラフさんの方では常時、製版もやってくれますので、そういうご相談にものれるかと思います。
シルク印刷は決してハードルの高いものではないので、是非ご興味を持っていただければと思います。

ご来場お待ちしております!
PR
色々とあるので箇条書きにて

●例の「スパイディ」レンタル騒動の記者会見の模様をYouTubeにアップしようと思ったら、音声レベルが無茶苦茶低くて、調整に難航中。大半がヘッドフォンのフルボリュームでなんとか聞き取れる程度というていたらく。
大変お粗末な感じでお恥ずかしい限りです。

手持ち機材・ソフトウェアでひいひい音声レベルを調整するのと、いっそテープ起こししてテキストにするのと、どっちが早いか?
考えてるうちにやれって感じですが…。

でも、私が要約するよりは、約50分、会見の模様をフルでお見せした方がニュアンス伝わると思うんですよね。

で、手元仕事やらイベントの準備やらで、ちょいと慌ただしくなってきたので、しばらくこのままですいません。何かまた動きがあれば、ケツも叩かれようというものです。

“親愛なる隣人”スパイダーマンの身の振り方、さてどうなるやら。



●スリーブガン「びっくるくんⅢ型」在庫僅少そして

昨年の2月ワンフェスデビューとなった「びっくるくんⅢ型」ですが、おかげ様でこのロットもあと僅かとなりました。よくもまあ3バージョンも…と感慨ひとしおです。

1268acea.jpg


で、そうなるとⅣ型へとステップアップですね〜。

現段階の構想では機能的な面ではⅢ型で一応の完成を見たと思いますので、次はビジュアル面の強化に徹したいと考えます。プロップの忠実再現に針を振る感じですね。

Ⅲ型の特徴は
 ❏パーツのほとんどがボルトオン式で、組み換え可能な左腕右腕コンパチ仕様
 ❏M65ジャケットの袖からの格納射出を考えた機能性

この二点なのですが、Ⅳ型は右腕用オンリーで組換構造を排する予定です。
そして一部パーツの溶接、カシメにより、タクドラのプロップのテイストをより追求したいと考えます。
そうなってくると袖からの格納射出の面でむしろ現行品よりも動きが渋くなる可能性だってあります。

いや実際、これまでも「びっくるくん」に関しては機能面よりもビジュアルを重視して欲しいというお声をいただいていました。

ただ、自分の性分的には、袖から銃を射出して遊ぶ時の快適さがどうしても軸になってしまいます。
サウスポーの方にも当然対応したいというのも譲れないところでした。

ただ、もう3バージョンも作ったので、それも充分果たせただろうと。
だったらば、次は見た目ありきモデルをやってみようかと思います。

価格は据え置きに留めたいですが…うーん、色々と外注加工が増えるのでキツイか?

あ、すっかり日記でのご報告が遅くなりましたが、映画「るろ剣」でのびっくるくんの活躍。ご覧いただけましたでしょうか?

いや、正直、あのシーン暗いし、流行りのブツ切り編集だし、寄りのカットもないし、よくわかんないっすー…みたいなw

劇中では綾野剛さんの手元から銃が飛び出すだけじゃなく、格納も行われるという描写。
スリーブガンというよりは、出し入れ可能な腕ホルスター的なギミックでした。
それはそれで十二分にユニークだと思います。

ただまあ、せっかく気合いが入ったガジェットを用意しているのに、演出があれでは勿体無いというのが率直な感想ですね。やりようによっては面白い見せ場にもなっただろうにと。自分のところのアイテム云々は置いといて、非常に残念に思いました。

でも今回大ヒットですから、もちろん続編もあるでしょう。
でしたら、NEXTびっくるくんもよろしくお願いいたします、てへっ♪


●11/3〜11/4の山梨「ULTRA MOTOR FESTIVAL」

先日、高円寺ゴリラさんのブログでも紹介された黒いグースレプリカの方が参加される予定です。
なかなかユニークなアレンジのKwaka版ブラックインターセプター!
私も現車とオーナーの方に会うのが今から楽しみです。

2012_09_29_08.jpg







マッドマックス系の参加車両的はまだ確定しておりませんが、ブラックインターセプターに加えて、今のところグーレプ&悪者バイクが4台くらいの目処ですね。
まだ展示枠には少し余裕がありますので、我こそはという方、是非お越しください!

で、3日はホテルで仲間内でマッドマックスっぽい前夜祭です。
こちらももし参加されたいという方いらっしゃったらご遠慮なくどうぞ。

マッドマックス系以外のムービーカー&特撮っぽい車両ですが、そろそろ確定情報として発表したいのですが、もうしばしお待ちを。
「おお!」っと言っていだたけるサプライズなマシンも登場予定です。
 
物凄く唐突な告知です。

●殺陣師 二家本辰巳さんトークイベント 開催!

●場所:渋谷 特撮BAR「怪獣屋」
    HPはこちら

●日時:3/10(土) 19:00〜

●会費:6000円
 飲み放題、フード付き、サイン色紙、ツーショット写真進呈


今日朝、突然、誘われたのですが、時間も都合つくし私も行ってみようかなと。

二家本辰巳さんは実に多彩なキャリアを誇る殺陣師。

経歴・wikiはこちら。


現在こちらにて活動中です。

そして何より、ウルトラマンレオのスーツアクター!
数あるウルトラマンの中でも、肉弾戦・格闘戦の格好良さに定評のあるレオ。

leonunchuksib7.jpg








まさにその中の人であります。
他にも演じたヒーロー数多く、70年代以降の日本の特撮、アクションの生き証人みたいな方であります。

で、現在は先日行われた「第21回東京スポーツ映画大賞」にて技術スタッフ賞を二家本さんが受賞。北野武映画のほぼ専属の殺陣師でもあります。

私も実は昨年、一度二家本さんを囲んだ飲み会に参加させていただきまして、色々と面白いお話を。

やはり多彩な仕事をされてきたので、面白いお話がじゃんじゃん聞けました。

なんといっても一番の収穫は81年ヘラルド版の「月光仮面」について。

4608670_1275850944_211large.jpg




私がたまたまVHSを確保していたので、当日持って参上したら、ご本人も当時試写で観て以来だったらしく、いたく感激されておりました。

クライマックスの月光のヘリ落ちスタントは二家本さんがやってたらしいのですが、その命がけエピソードやら、まあとにかく面白いったらありゃしない。

あと、「恐竜大戦争アイゼンボーグ」。
これでヒーローのアイゼンボーを二家本さんが演じていました。
私は当時は年齢的にスルー。

で、YouTubeの時代になって偶然、この動画を観まして、もうブラボーですよ。

だって、これ、もはやルチャの試合ですよ!
特撮ヒーロー衰退の70年代終盤以降。

他にもメガロマンやらウルトラマン80あたり、番組自体はキワモノ的な評価があると思いますが、この時期の特撮ヒーローは結構激しい着ぐるみアクションを見せてくれます。

時代がアニメに傾きかけている中、アクション屋の意地が炸裂したんでしょうかね。

で、とにかくです。そのアイゼンボーグのルチャファイトについて、飲み会の席でスマホで画像見てもらって、何故にこんなアクションシーンをやったのか、経緯を伺ったのです。

そしたら二家本さん、そして戦ってる相手の方がプロレス好きだったらしく、しかも現場には振付師がいない中、自分たちで動きをつけて、ああいう事になったらしいです。

ご本人も動画を観て「自分じゃないみたいだな」と笑っておられました。

当時の特撮番組の現場には、即興でああいう面白いアクションをやっちゃうノリがあったんですね。
いやもうこの話が聞けただけでOK!みたいな気分でした。


今回もどういうお話が聞けるか楽しみです。

という訳で、怪獣屋さんのHPにはイベントについて何故か記載されておりませんが、ほんとに開催されるので、気になる方、是非お店にお問い合わせの上、いかがでしょうか?
(不安でしたら私の方に連絡くださってもいいですよ)
私の場合、どうしても日記だと、書き始めるまでに「どっこいしょ」感が。

という事で、ずっと寝かせたまんまだったTwitterを稼働させる事にしました。

フェイスブックもアカウント持っているのですが、棲み分けがイマイチ感覚的に分からないので、そっちはおいおい。

どうも「つぶやく」系に意義が見いだせなかったんですが、考えてみれば日々、クローズドな身内相手にmixiでつぶやいてる訳で、だったらオープンなところでもやってみんかい、という気分になりました。

商品開発の経過もマメにご報告できれば…とも思います。
何とぞよろしくお願いいたします。

リンクはこれでいいのかな?



今日は全く趣味の話を。

先日見つけて購入した本。

「スーパーB級変形ロボット大戦 ダガング」



この本は土産物屋やサービスエリア、ホームセンター、駅売店などでゲリラ的に売られている(売られていた)変形ロボット玩具を紹介する珠玉の一冊。

いや確かに、かねてより駅売店や土産物屋に吊るされている、メーカーオリジナルのチープな変形ロボット玩具ってどれくらい種類があるんだろう?
で、どういう会社が作っているんだろう?という素朴な疑問を持っておりました。

そして「ああいう原作がどうとか、縛りがなさそうなおもちゃを作る仕事って憧れるよな」なんて、考えた事もしばしば。いやホントですよ。毎日毎日、自社開発の変形ロボ玩具を作る仕事なんて、真面目に憧れます。今でもそういう仕事の口があるなら、是非!っていうくらいw
(いや、そんな甘いもんじゃないぞ!とは分かってますがw)

で、この本。そういう私の心の琴線の隅っこに引っかかっていたオリジナル変形ロボ玩具の主要アイテムを徹底網羅、解説してくれておりまして感謝感激。

こちらで紹介されているアイテムは、勝手にリンク貼っちゃいますが、こちらサイトに網羅されております。ただただ、すごいコレクションに圧倒されますし、よくここまで集めたもんだと、猛烈にリスペクトです。

こんなにも多くのマイナーメーカーによる変形ロボ玩具が存在していたとは、ほんとに驚き。それだけかつて変形&ロボ玩具に需要があったって事ですよね。

で、チープ玩具とは言え、これがまた、中には光るデザイン・唸るギミックのものがあったり、あなどれません。
昭和のミクロマン・シリーズの中にあったっておかしくないようなものとか、マイナーメーカー恐るべしです。

そしてこの本の白眉は、主要メーカーへのインタビューですね。
それらチープトイはどういう人達が作っているのか?

フタを開けてみると、これがまたちゃんと題材にシリアスに取り組んでいる方々ばかり。
いや正直、出鱈目な感覚で「ロボット売れるし」くらいの感覚なんだろうな、と予想していたんですが、インタビューに応じた会社のトップの方々は皆、面白い・カッコいい変形ロボット玩具を作る!というモチベーションを持っており、それがまた驚きでした。

下町パワーあなどれません。

という事で、この「ダガング」、私みたいな人間にはオススメですw
おもちゃ好きの方々も避けては通れないジャンルかも?

で、この本を入手してから、この手のチープなロボット玩具が欲しくなり、あちこち探してみたんですが、もうアイテムが限られますね。通販でもほとんど買えそうにない。

やはりお土産物屋、サービスエリアにいかないといかんのか!?
そもそもどこに行けば買えるのかすら分からない、一期一会なアイテムなんですね〜。

で、本の表紙でひときわ目を引く異色アイテム、パンダの変形ロボをなんとかゲットしたのでご紹介。

こちらは「大地の勇者アニバトロン」というシリーズ。

P1172264.jpg








固定ポーズの愛らしいパンダ。足の内側にメカが露出しているところがナイス。
P1172265.jpg





まずはガバっと開く!
P1172269.jpg





説明書がないと分からないちょっと複雑な変形。
作りもしっかりしています。感心感心。
P1172273.jpg





そして完成、ロボットモード!
P1172277.jpg








佇まいは勇ましいが、何故にパンダなのか?
どうしても疑問が…w

ちなみにお顔は某トランスフォーマー風ではなく、わお、ガンダムw
P1172284.jpg






で、これだけだと面白くないので、中間形態を色々探ってみました。
これは飛行形態って事でどうでしょう!
P1172280.jpg




これは陸戦用タンクモードだぁw
P1172282.jpg





スナイパーモード!
P1172296.jpg






うーん、なかなか遊べます。
しかしチープトイといっても、このパンダなんかは700円と、それなりの価格なので、これくらい遊べないといかんのですが。

でもまあとにかく作りが堅実だし、これはオススメですね。
旅行先などで見かけたら、是非ゲットしましょう。

P1172302.jpg








私は常にデスクに置いて、手慰みに重宝してます。
そして、これからしばらくは、この手のチープロボ狩りに勤しみたいと思います。
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]