忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
気がつけばワンフェスまで1ヶ月を切り、このまま一気に7月末までいきそうな気配です。

色々と溜め込んでいるので、箇条書きにて。

●新作Tシャツ「死霊のえじき」っぽい奴。

sample1.jpg








"ガンズ・アンド・ローズ大尉"なんていうオヤジギャグ風味ですが、「死霊のえじき」のTシャツを作れ!ってうちが言われたら、こうなるわな、みたいな。

色はブラックとODです。こちらは数日中にリリースです。

で、このローズ大尉に手こずってしまい、マッドマックス系新作ようやく今からです。
並行してブルース・リーものも少々。

ありがたい事にうちのデザインの捻り具合が一部BLファンの方々に喜ばれているようなフシもあるので、更に「なんやねん」「だれやねん」的なBLネタでがんばりたいと思います。ボーイズラブじゃないっすよ。

●エナメルバッグ「G.O.D RACING」初回ロットがあわわ…。

P6211246.jpg






おかげ様で手持ちがなくなりました。
といっても、バカスカ売れてる訳ではありません。
メイドインジャパンでして、これがなかなか一気にどばーっと作れないのです。

2〜3週間以内には追加が幾つかあがるかと思います。
ご不便おかけしますが、何とぞよろしくお願いいたします。

●で、そうそうワンフェス!

7/29、幕張メッセです。もちろんBROKEN HEROSさんと一緒に出撃。
今回はTシャツがメインですね。

あと軽く目玉というか、今回のうちのブース、こちら日本一のスターシップ・トゥルーパーズファン Sgt.Tさんが率いる機動歩兵コスプレ小隊のベースキャンプになります。

会場で機動歩兵見かけたらよろしくです!

で、機動歩兵と夢の競演なるか、ウォリアーバグの着ぐるみを作るという素晴らしいプロジェクトも動いているようです。これは期待大です。

新作「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」もいよいよ公開ですがな。
うちはこれに併せて、機動歩兵マークのTシャツをこっそり発売です。

●「ベルフラワー」観てきました。

一応、ヒューマンガス様リスペクト映画って事で、こちらとも縁のある作品。
という事でとっとと劇場へ突撃してまいりました。

以下ネタバレですので、すいません。

BF1.jpg















実生活ではモテなくて、世紀末リセット願望を持つ男が、女性にフラレて…という話だと思いこんでいたら、そういうシンプルな筋立てでもなく、非常に感情移入しづらい特殊なキャラたちが繰り広げる、特殊な展開の物語だったので、まずは「?」と。

これ、何の話だったか説明してみ?と言われてもなかなか難しいです、まじで。
後半、時系列がシャッフルされる上、妄想なのか現実なのか、もう訳わからん状態になるのですが、まあそんな感じで世界がカオス化するくらい、主人公にとって、彼女と別れた事が堪えてるって事なんでしょうね。

私的にはこれ、監督の私小説すぎて、「そこまでお前の愚痴に付き合えねーよ!」みたいなw
わかるよその感じ!って部分もちょろっとはあるんですけどねぇ…。

まあ、お話の中身はそんな感じで大した事もないし、深読みする必要もないと私は思います。
で、見所は撮影。

部分ピンを甘くしたり、撮影段階でフィルム汚れを入れてたり(?)、色々と凝った面白い絵が撮れてます。

この映画、超低予算の自主作品のようですが、まずお金かけたのはカスタムカーの「MEDUSA」と、これまた自分で改造加えたカメラだったとか。

作品の顔となる奇抜なマシンと、あとは絵に拘るという優先順位。
案外やるべき事を本能的にわかっているような。

結果的にこの「ベルフラワー」、非常に費用対効果の高い、監督自身のプロモーションになったのではないかと。
お話を作る能力、作家的なスキルについてはなんとも…ですが、絵作りに関して高いポテンシャル秘めてる事は世間に知らせる事ができたでしょう。

※IMDbによると、一応撮影監督としてすでに3本の短編に関わってますね。

商業作品の監督に抜擢されるか?
今後、ちょっと注目ですね。

ちなみにIMDbでの評価を見てみると「6.3」です。
これ、高いか低いか?って言われると、ほんとに「並」なんですよね。

で、あんな低予算映画で、あんな混乱した内容でこのポイントってのは、超上出来と思ってよいかと。



あと、作品のキモである世紀末マシン「MEDUSA」。

監督はあの車を本気でカッコイイと思っているのか、それとも「世紀末馬鹿が作った道化的マシン」とドライに捉えているのか、そこが一番知りたいっす。

作品からそこが見えてこないのも良くないところなんでしょうね。


最後に。

火炎放射器やらMEDUSAやら、全部友人のエイデンくんがドラえもんみたく用意してくれます。。
主人公は何もしない。

作り手が男二人の友情に全然興味がない事が画面からにじみ出ちゃってて、ノレないんですよね。
そこがお話的に致命的でした。

監督、女に捨てられた事で頭の中いっぱいで、友達どころじゃないのか?





 
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]