忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
スーフェスの補欠がどうやらアウトみたいなので、急遽、近隣の大型フリーマーケットで二連戦する事にしました。

4/30(土)は大井競馬場のフリーマーケット

場所は第1駐車場です。こちらマップにて場所はご確認ください。
朝9時から午後3時まで。

5/1(日)は川崎競馬場のフリーマーケット

場所は内馬場駐車場です。マップはこちらです。
時間は朝9時から午後3時まで。


共に場所は当日ぶっつけなので、余裕があれば搬入後、この日記にて場所をご報告します。
こういう時にツイッターっていいんでしょうね。
アカウントは持っていますが、未だにつぶやいた事ありませんがな。

メインの販売物は山梨FESと同じく3枚3000円Tシャツシリーズです。

共に大型でファミリー層が強いフリマとの事。
ご興味ありましたら、是非ご来場ください。
もちろん今回の売上の一部は、震災の義援金として寄付させていただきます。

ただ、フリマは昔々、何度か出撃した事がありますが、やはり新品でかっちりしたものは不利。
あまり芳しい成果が出た試しがありません。
果たして3枚3000円Tシャツがどこまでフリマに通用するのか?

まあ二日で…うーん、目標寄付額5万円ってところでしょうか。実はまったく自信がないっすw

そういえば最近、毎回毎に3枚3000円Tシャツには新アイテムが追加されております。
前回山梨FESで新登場したアイテムの一部がこちら。

KARATE.jpg




緑色の方。
ネタがいよいよ枯渇したのか、作業の締切り時間に追われ、明方頃、ヤケっぱちで作ったデザインなんですが、これが妙に味わい深くて、結果的には好みの一品になりました。うちのヘビーユーザーの方々にもウケてました。

最近、レギュラー商品はどんどん理屈っぽいデザインになってきているので、こういう意味のないものも、どんどん作っていきたいところ。

黒い方はビンテージの革ジャンのネームタグなどにありがちなイメージで、「ホースハイド」と。
それだけなんですが、こういうシャツはありそうでないので、作ってみました。

にしても馬の目が悲しげ…というコメントもちらほらw

という訳でがんばって出張販売してきます!


えー、余談。

先日の「タクシードライバー」Blu-rayと併せて、こちら米版DVDを購入。

hiruko-the-goblin-fangoria.jpg








そう、「ヒルコ 妖怪ハンター」です。
ふと見直したくなったんですが、日本版DVDは廃盤でプレ値がついちゃっております。

例えば日本のアマゾンだと中古が5000円から。
で、アメリカのアマゾンだと、今回購入した現行品DVD新品が18ドルですと。

うーん、ソフト化についてはつくづく日本ってダメな国でございます。
どうしてこういう事になっちゃうのか?
塚本晋也監督は確かに海外での方が評価が高いのかもしれませんが、それにしても…。

で、この映画、原作漫画のファンなので、公開時に劇場へ突撃しました。
主人公、というかまあ狂言回しキャラ、稗田礼二郎の豪快なキャラクター改変にとまどいながらも、かなり楽しめまして、その後ビデオ発売時にも鑑賞。で、それっきり。

あれからもう20年近く経過した事に我乍ら驚きです。

いやしかし、今見ても佳作ジュブナイル映画として十分楽しめる仕上がり。

PDVD_004.JPG



撮影もつくづく素晴らしい。季節感、ロケ効果抜群!
基本、夜の校舎でわーきゃーやってるだけのB級映画なんですが、見事に「田舎の夏」を表現しております。

allcinemaでチェックしてみたら、この作品の撮影監督のキャリアには色々な意味で唸らされます。なんだかスゲーまとまりのなさw
アイドル映画を多く手がけているところは、何気に本作にプラスになっているような。

作り物感丸出しなんだけど、ヒルコもちゃんとコワイ。

青塗りな感じがいい具合に怪談テイストを醸し出しているんですよね。

979efd65.JPG



しかしつくづく、ヒロイン=ヒルコを演じた娘さんはかなり色々な事をやらされていて、同情&感心。

しかしこの映画以外で観ないよなぁ〜と思ったら、この頃の東映の特撮もの「仮面ライダーBLACK RX」等にちょろちょろレギュラー出演していたのね。一番その手の番組を見ていない時期だったから、全然知りませんでしたよ。

しかしあらためてこの作品を見て、ちゃんとエンタメしている部分に多々唸らされました。確か91年当時は、本作レベルの無難な仕上がりの特撮&ホラー邦画って皆無だったんですよね。

映像特典で塚本監督のインタビュー(2000年頃)が収録されていましたが、原作者・諸星大二郎の「モ」も字も語らず、NHK少年ドラマシリーズへのオマージュだ、と熱く語っておりました。

なるほど、このジュブナイル・テイスト、納得ではありますが、少しは原作についても触れてくれよwみたいな。

いやしかしDVD廃版から復活してもらいたいもんですね。
つーか、もうねみんなどんどん北米版で邦画&アニメ&特撮は買っちゃいましょう。

リージョンフリーのDVDプレイヤーなんて、とっくにゴミみたいな値段ですし。
って、検索したらアマゾン内でもBlu-ray&DVDリーフリ機が1万円アンダーとかw



これ、リンク貼ってますけど、中身はどうだか保証できませんので、気になる方は独自にお調べの上で!

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]