忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333

マクラウド初の版権取得アイテムとして「ゾンビ」(78)シリーズ、遂に発売開始です。

店主フェイバリット映画として「マッドマックス」シリーズと並ぶ「ゾンビ」。「ゾンビ」は色々あるけど、何言ってやがる、「ゾンビ」は「ゾンビ」しかないでしょう。ジョージ・A・ロメロ監督による1978年製作作品「ゾンビ」。

今回、3アイテムをリリースです。

●「The Mall」


ブラックボディに、主要キャラ4人のあのカッコいいポーズをメインにフィーチャー。いい感じにまとまりました。ただあの有名なモノクロスチル、ピントが今ひとつでなんだかぼやけてるんですよね。これをTシャツにプリントする場合、ちょっとどうなるか微妙だったので、ホワイトインクの他に中間色のグレーを使う事に。ひと手間増えましたが、納得の仕上がりになりました。

●「Japanese version」

日本版チラシをイメージして、Tシャツに落とし込んだデザインです。うちらしからぬ、どえらいインパクトになりました。これがまたホワイトとブラックのインク二色しか使ってないところがミソです。予想以上にインクの組み合わせがハマった自信作です。

●「Headshots」


こちらはグレーとホワイトをリリース。かつてのレーザーディスクを思わせるガスマスク柄に加えて、脳天を吹き飛ばされるゾンビ3名の方々を配置してみました。
「ゾンビ」の魅力って色々ありますけど、ここまで小気味よく人の脳天が吹き飛ぶ映画ってなかなか他にないでしょう。そしてそれが死人なので観ているこちらも罪悪感が湧かないという。

今回この3種類のデザインのTシャツを発売させていただきます。
先日開催したシネマクラウドEX4で先行販売。そして11/30〜12/2の東京コミコンでは今回の「ゾンビ」シリーズをメインにしたブースで、当方マクラウド出店させていただきます。

配置的にはこんな感じです。


是非遊びに来てください。今回、当方より先行して「ゾンビ」グッズを作成しておられるテロファクトリーさんのTシャツとカレンダーも販売します。
ネタ的に「ウォーキング・デッド」ではなく、あくまで40年前のゾンビでして、なかなか浮きそうですがそこはもうド根性で乗り切りたいと思います。

そしてこちら「ゾンビ」シリーズお買い上げの皆さんには、サービスとしてこちらダンボール箱を進呈させていただきます(イベント販売、通販どちらも)。

これは「ゾンビ」劇中、モールの屋上部屋に備蓄されている非常食料(クラッカー)の箱です。この箱、映画の小道具ではなく、60年代の冷戦期、マジでアメリカ国民が核戦争におびえていた時代に作られたシェルター備蓄用アイテムのひとつです。劇中に登場するものは「62年」のスタンプが押されています。作品の撮影時期からしても、すでに15年経過したものだったのですね。で、この箱の約1/2サイズのレプリカです。Tシャツだと3枚くらいは入るでしょう。
商品1対1という訳には行かないのが申し訳ございません。
希望の声があったら、箱のみセット販売も検討しようかと思います。

また併せてこちらは映画本編のアイテムではありませんが、かつでピッツバーグに存在した運送会社をモチーフにしたパーカーです。こちらもよろしくお願いします!
こちらパーカー、通常6480円ですが、東京コミコンではなんと5000円というサービス価格にして販売いたします。数に限りがございますので、お早めに!

尚、これらアイテムは12/2に東京コミコン終了後、12/4あたりから出荷開始となります。何卒よろしくお願いいたします!

PR
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]