忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130
以前、ちょっと触れた「ダーティメリー・クレイジーラリー」のピーター・フォンダ サングラス。

larry1.jpg




0から作り起こすとなると、かなりハードウェイになるので、現行のこういうチープサングラスで納得しようか、などと考えておりましたが、

P4290390.jpg





最近になって比較的形状が近く、フレームもしっかりしている海外ブランドのサングラスを発見。


863848399_640.jpg





DragonのEXPERIENCE IIというモデルです。

微妙に小振りにアレンジされていますが、もろにピーター・フォンダな70’sサングラスをモチーフにしたフレームです。


で、早速取寄せてみたのですが、べっ甲調のフレームは色味が少し暗く、眉間のスリットの処理が本家と異なります。↑のカタログ写真だと明るいレンズですが、実際のレンズは意外と濃い。うーん微妙なところかなぁ…。
とにかく違和感はレンズの濃さにある感じ。ちょっと暗すぎなんですわな。


そして先日、当方のサングラス「MAXIMUM FORCE」用に度付きレンズ&調光レンズを製作してくれている昭和光学さん(大阪)へお邪魔したのですが、試しにこのフレームへ、海外製の高価なレンズを入れてもらいました。

そのレンズの名称は「ドライブウェア」。
詳細はこちらページにて。

50b.jpg





このレンズの特徴は明るさでレンズの濃度が変化する調光と、ギラつきを抑える偏光の能力を兼ね備えているところ。その名のとおり、ドライブにおいてその実力を最大限に発揮するハイパフォーマンスレンズ。お値段ももちろん、ぐぐぐっと高くついてしまいますが、その機能性の高さに各方面から今着目されているレンズです。

私は昨年のメガネ関係のイベントでこのドライブウェアを偶然目にし一目惚れでした。
その後、MFPサングラス「MAXIMUM  FORCE」が発売となりました。もちろんこのレンズをオプションで用意したいと考えましたが、レンズカーブの都合上このレンズはMAXIMUM FORCEには取り付け不可。かなり残念でした。

いつかはドライブウェア装備のサングラスを!と機会を伺っていたので、このピーター・フォンダなサングラスはまさにテストケースにドンズバ!

P6261421.jpg






P6261422.jpg





装着してみたら、なんと色味は理想的な感じ!紫外線バリバリのところだと、もうちょっと暗くなりますが。

という事で、「よっしゃこのDRAGONのフレームと、このレンズを組み合わせたカスタム品をうちで販売してみるか!」という事になりました。

ちょうど本日、高円寺GORILLAさんまで夕方ちょっとしたお使いがあったので、早速このサングラスを装着してバイクで出動したのですが、なんともブラボーなレンズです!

見事に対向車のハイビームのギラつきを半減させてくれます。それだけでもう十分OK。
加えて夕方〜夜の時間帯の運転なのに、サングラスをかけている事を忘れるほど、視界はクリア。調光機能も見事です。

うーん、いよいよ本気で惚れたぜドライブウェア!

という訳でおそらく少量、少アイテムからのスタートですが、ドライブウエア装備のカスタム・サングラス企画を進めていこうと思います。

いやほんと、気に入った!どピーカンの日にバイクで装着したいっすね。

あと、もちろんの事ですが、いずれはMFPなサングラスもドライブウエア仕様にしたいですね。
となるとフレーム新設計なので、遠い未来の話ですが…。

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]