忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
で、シルバーに輝く「44マグナム」の話の続きです。

これ、似たような構造の100均ショップものも買ってみましたが、
銀色の方は速攻でぶっ壊れました。
発火のせいじゃなくて、中でプラのピンが折れたみたいで、トリガーがガタガタになっちまいまして。



黒い方はダイソー銃。もちろんチャイナ製。こちらは銀色のよりしっかりした作りなれど、やっぱりほとんどプラ製なのが信用ならず。


一方の国産品。
お値段は少々高めなれど、シリンダー後部・火薬を叩くファイアリングピン部分は、もれなくダイキャスト製です。といっても全部同じメーカーっぽいですが。




マイクロウージーは44マグナム/黒のシリンダーを流用したアイデア商品で、驚愕の中折れ式。
ピースメーカーもどきは「ビッグガンW8」って名前のロングセラー。シリンダーの内側にカネキャップ、外側にプラの弾丸を入れるタイプ。発射自体はバネで飛ばすだけなので、威力はゼロです。

私も昔、よくモデルガンを発火させて遊びましたが、やっぱ手入れが面倒だし、今やわざわざ整備して、キャップ弾をセットして、発火させて、またカートリッジと内部を清掃して…みたいなエネルギーありません。
でも撃ちっぱなしでOK、セットも一瞬なカネキャップは値段以上に遊べるので、是非おすすめですね。こんなに面白いとは思いませんでした。

で、動画いっときますか。




PR
この土壇場になって、やっとスリーブガンへ出荷時に装着する銃が確定しました。

その名も



「44マグナム」って名前はいいとして、“オートマチック”とか“自動8連発”とか超適当な事、言わないの!

こいつはカネキャップで発火する駄GUN界の超有名選手。
そのメッキVer.を今回はあえて選びました。




サイレンサーがない状態はなんとなくスナプノーズのチーフスペシャル。
意味なしサイレンサーを付けると、なんとなくM29 6インチモデルに見えてしまう不思議。
多分、私の目が腐ってるんだと思いますが、ともあれ一粒で二度おいしいこの駄GUN。
もろもろ条件が揃っているので、当面はこいつを正式採用いたします。

他にもたくさん駄GUNの候補があったのですが、まず今回譲れなかったのが、国産品である事。

金属パーツはもちろん、本体に流用したカーテンレールですら今回は日本製部品。
だったら銃も日本製でしょ。

今回、色々と駄GUNをあたってみたんですが、結構、メイド・イン・ジャパン多いです。驚き!
そしてその手のメーカーは大阪がやけに多いんですな。なぜにWHY?




そろそろ眠いので、続きはまた後ほど。

最終試作品の調整が完了したので、動画をまたもUPしてみました。
その前にこれまでのおさらい。

試作1号
ぎりぎりぎり〜、みたいな危なっかしい感じが懐かしいっす。
しかし射出した時の感じは、結構勢いが感じられていいかも。初めて前方へシャキーンと銃が飛び出した時はかなり感動しました。おおっ、トラヴィス!

試作2号
ほんとうは3号か4号にあたるような記憶。もう覚えてないや〜。
かなり動きがスムーズになってきた上、無理だと思っていた袖からの射出に成功した記念碑的モデル(大げさ)。興奮しながらうちの奴に「袖から出るんだよ!」と見せたら冷笑されました。
ともあれ、よりまた一歩、トラヴィスに近づいた!

で、YOUTUBE第一弾動画
これは実際、何号なんだろう?いよいよ不明。そつなく動いてるように見えるんですが、実は結構メカとしては不完全で、空振りやネジの弛みも多かったモデルですw 編集でちょっとインチキしました。
でもまあ、なんだかんだいいながら、そつなくトラヴィス!


そして最新版です。
前のYOUTUBE動画から3つくらい作り直しを繰り返して、流用パーツもなくなり、もう完全に別物に。で、仕様がようやく固まり、それを加工業者さんへ投げて出来上がったものを調整。こいつはかなり製品版に近いものです。





結局、金属と樹脂のパーツをすべて外注したので、コストが思ったよりもかかってしまったので、値段がちょっと当初構想よりも高くなってしまいましたが、奇麗にメッキが入った頑丈なメカですので、割高感はないかと思っています。
試行錯誤の甲斐あって、金属同士の摩耗を最低限におさえ、腕の長さ太さに併せた汎用性も実現しました。バラして組み直せば、左利きでも使えます。

もちろん、これは映画のプロップと比較すると、後から作ったものですので機構を活かしながらも、より一層、スムーズに動くものになってます。正直、“トラヴィスが日曜大工で作った”スリーブガンを越えてしまいました。若干実用性があるところが危険なので、海外販売がマジ微妙なところです。


で、価格は本体¥15,750。カネキャップとかが撃てるチープなオモチャですが、銃を一丁デフォルトで付けて販売します。
他、マルシンのコルト25オート現行品モデルガン(発火できないダミーカートモデル)と、流通在庫で少々残っているガスガンもうちで取り扱いますので、是非是非セットでどうぞ。




加えてM65。前に紹介した中東流れの謎のアルミジッパーの奴。これは新品9,450円にて。サイズはXS〜Lありますが、ほとんどの方がSでいけるでしょう。



で、出所不明のこのM65。ミリタリ業界で働いている兄wに聞いてみたところ、これって数年前から出回っているアイテムらしく、どうやらイラク軍がオーダーしたものの、何らかのトラブルで宙に浮いてしまったデッドストックの一部らしいです。見た目は米軍のM65。でも生地はペラく、何故かアルミジッパー。当方ではこれを「M65風フィールドジャケット」として販売する事にしました。軽くて着易いので、なんだかんだで私は気に入りました。最近こればっか着てる気がする…。

で、スリーブガンはM65ジャケットじゃなくても、コートなど袖が太いものならシャキーンできます。他のミリタリージャケットでも袖さえ太ければいけるでしょうし、M65にこだわる必要は特にありません。ただ、やっぱりM65がいいんだけど、何を選べばいいのかお悩みの際は、ご遠慮なくご相談ください。例えば中古払い下げ品のご紹介も可能です。

ではでは、ラストスパート、がんばりたいと思います!
「タクシードライバー」スリーブガン計画もいよいよ大詰め。先日、依頼していた試作部品が届き、組み立ててみました。



で、作動快調!といきたいところが、再調整の必要アリとなり、ここ数日はかかりきり。腕にはめては振って作動テスト。うーん、イマイチ〜。再び外して調整、の繰り返し。

嗚呼、辛い。早く前進したいもんです。

で、本日は高円寺ゴリラさんへスリーブガン試作を持ってお邪魔。店長さんはマジでボディビルダーなので、腕が太い人のサンプルとしていいかなと。

で、見事にちゃんとM65ジャケットのSサイズを着用の上、袖からコルト25オートをジャキーン!と射出することに成功。うほっ、よかったー!

ちなみに先にあげたYOUTUBE動画ではレザ−のベルトみたいなのが腕に巻き付いていましたが、製品版ではベルクロテープを腕に直接巻き付けるだけになりました。手抜きとか材料費削減って事ではなく、結果としてそれが一番場所もとらず、腕への取り付けもベストだという結論なのです。

来週から、年内お渡し予定分の予約受付開始したいところです。
もうしばらくお待ちを!


で、またもM65ジャケットの話。

「タクシードライバー」「ランボー」「エクスタミネーター」。

他にどんな映画で使用されたのか、気になって調べたら、なるほど
「セルピコ」かぁ!と。

 

しかもマイナーなTVシリーズ版「アウトロー刑事 セルピコ」でもM65?
これはフィールドシャツかなぁ。しかし白っぽいのはなぜに?
番組用にあつらえた衣装なのかしらん。すごい気になります。



このシリーズはまったく未見なんですが、ちょっと気になりますね。
オープニング見ると、結構カッコいい。でも1シーズン打ち切りの不人気作ですけど。



そんな「セルピコ」。そういやずいぶんと昔に見たっきり。
汚職に立ち向かう孤独な警官ってより、大人になりきれないヒッピー刑事って印象が強いんですが、果たして今観るとどう見えるのか?
よし、DVD買うぞ!と思ったら廃盤で、プレ値がつきかけてる状態。

ほんと廃盤になったら需要関係なしに値段吊り上げる奴が出てくるよなぁ〜。
困ったもんです。
ともあれ、「ない」と言われると無性に観たくなるものですね映画って。

映画への思い入れの原動力ってこういう“飢餓感”だと思うんす。

ここ最近、とにかくスリーブガンに付属させる銃探しに余念がなく。
ちゃんとしたモデルガンもいいけど、安価でそれっぽいものないかなぁ、という探究心です。

で、取り寄せたのがこちら。
「クラウン・ニュー・ワルサー」なる商品。「100連コルト」という名でも流通しています。



唸るマシンのシルバーが、暗い闇夜を切り裂きそうな感じですね。

このなんとも安いメッキの輝きが最高です。
で、こちらは巻玉火薬を使用してパンパン言わすタイプ。
サイレンサーが泣けます。

ところが一緒に巻玉火薬を買うのを忘れちゃって、試射できない。
明日からまた数日家を空けるので、取り寄せる訳にもいかず、
指をくわえて見ているだけの状態。嗚呼、早く火薬撃ってみたいなぁ〜。

しかもこのワルサー、ダースでしか買えないアイテムなのでこんなにあります。



スリーブガンにこれ付属させたいんですが、試射してみて結果次第ってところですね。

ところが結局、マルシンさんの商品を仕入れるルートができたので、
コルト25オートのモデルガンとガスガン(廃版っぽいですが、流通在庫は若干あり)も、うちで同時に取り扱う事にしました。

いよいよ何屋だよ?!みたいな。

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]