忍者ブログ
商品開発の経過報告とオタク話あれこれ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
本日発売の月刊GUN誌に、先月渡米時にお世話になったToshiさんによるM61エスコートの記事が掲載されております。

うちのびっくるくんもご紹介に預かり恐縮中なのですが、ともかくエスコートの美麗な写真とテキストが堪能できますので、タクドラ好きのみならず必見の記事ではないかと。

h1102.jpg










PR
大変申し訳ありません。
来週あたりリリースしようと準備していたスリーブガン「びっくるくん」バージョン3ですが、一部パーツの遅れで、年内ならなんとか…というドタバタスケジュールに。

だったらもういっその事、M61 エスコートをデフォルトでセットしたバージョンもリリースしちゃおう!と急遽決断しました。

お待ちいただいてる皆様には年内お渡しできず申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、バタバタで発売するよりも、集大成的なものを落ち着いてリリースするのがベストだろうという判断です。

現在は2/6のワンフェス冬に間に合わせるべく動いております。
情報は随時報告させていただきますので、もうしばらくお待ちください。

ちなみにこちら写真。

DSCN0876.jpg





左上で海外版コルト25のエアコッキングガン。
左下がマルシンのモデルガン、コルト25オート。
右上が実銃コピーのレジン製エスコート。
右下がマルシンのダブルデリンジャー。

最低でもこの 4つが問題なく取り付けられるようにアダプタも工夫したいところ。しかしこうやって並べると、やはりダブルデリンジャーって長いよね〜みたいな。さて、コレの取り付けはどうしたものか。「サバイバル・オブ・ザ・デッド」でも活躍したデリンジャーのスリーブガン再現なるか?

で、まずは出来上がった3型の作動の具合を一刻も早くYOUTUBEにUPしたいところです。
なんだかんだで、うちのスリーブガンの動画、メインのやつは3万再生越えまして嬉しい感じ。次はもうちょっと芸のあるものにしたいと思います。

実は今年の頭頃に友人たちの協力で動画を撮影したのですが、その直後に2型に切り替わり、更に今回、仕様変更してしまったので、また撮り直しです。うーん、無念…。


あと、これはブレランネタ。
その道の大家、に〜ぜきさんが、以前紹介したデッカード新聞レプリカにつづいて、今度はブレラン劇中に登場する未来のジョニ黒ボトルを作成いたしました。

DSCN0878.jpg








経緯はブログのこちらをご参照ください。なんという執念〜。
同じような事をやっている者としては、ひたすら恐れ入るばかり。

特に、試行錯誤と調査の結果、ガラスではなくペットボトルにたどり着いた経緯については、なかなか唸らされるものがありました。

で、このボトル、私の手元のものは中身がまだ空だし、もうちょっとちゃんとした状態で写真を撮って、あらためて紹介したいと思います。グラスも欲しくなりますなぁ〜。
ほんとは中身をウイスキーにしたいところですが、私しゃ焼酎しか飲まないので、さてどうしたものかw
最近ちょっと厭な出来事が2連発。

どっちも私自身のお節介が発端となったしょうもない出来事。
大して見も知らぬ相手からのお願いを、よせばいいのにスルーすればいいのに、クソ真面目に対応してやって、結果バカをみまして。
しかも周りにまで迷惑が及ぶ始末。

もういい歳なんですから、世の無常を嘆くよりも、世の無常を前提にして、ピリっと抜け目なく行動せねばなりません。
同じような事が二回続いたので、流石に激しく自戒しております。


で、「お節介」について。

これはおそらく私が持って生まれたもので、どうにも変えようがないんですが、根っこを辿れば私自身が抱える重度の心配性がそうさせているのではないかと、自己分析しております。

お節介属性だと、基本的にはうざがられたり、ゲス野郎に付けこまれたり、あんまりメリットなさげな局面が多いような気もしますが、唯一、商品開発においてはこういう性分がプラスに働いているのではないかと。

特にスリーブガン「びっくるくん」みたいなものは、人が腕に巻き付けるものですから、腕の太さに幅広く対応できる汎用性と、安全性が強く求められます。
この点に関しては、これからも更に自慢の“心配性”を発動させて、製品をどんどん高みへ到達させたいものです。

おもちゃで“高み”とか、何言ってんだ俺、みたいな話ですが。


で、いよいよびっくるくん3型です。
これは最新の試作品。

DSCN0872.jpg





3週間後には発売予定なのに、未だ試作の真っ最中とはどういう事だ?

いや、実は金属部品はもう工場へ発注済み。
ネジ類の選定と、あとは腕に取り付けるギプス風ベルトの処理を含む、レザーパーツの寸法決めさえ終われば、本体は完了です。

画像のものにはアメリカ出張の成果、レジン複製したエスコートが取り付けてありますが、今回のリリースには量産間に合わず。これ、ほんとに具合がよろしいだけに、かなり残念。

エスコートに関しては、どういう形態になるかはまだ未定ですが、じっくりいじって、来年リリースしたいと思います。

さあ、今週がまた山場。がんばりましょう。


あと、お知らせです。

ブロークンヒーローさんのガレージキット、ポリススピナーが遂にロールアウト。
正式品名は「FUTURE POLICE CAR」

P1020957.JPG





画像を見ていただければお分かりのように、いいオーラ出てますね〜。細部に神宿ってますね〜。

つーか、無塗装のものを見ると、スピナーってそんなディテールだったんだ!と新鮮な驚き。

で、不肖私めもラベルのデザインを手伝わせていただきました。

shiraishi1.jpg








これ、現時点で世界最高峰のスピナーの立体物なんでしょうね。

ワーナーのBlu-rayに付属する予定のおまけスピナーがどうした!って感じで、ガンガン世界にも打って出てもらいたいもんです。


びっくるくんも海外進出したいけど、実銃が手に入る国への輸出はちょっと慎重です。
そういえば、ちょっと前、スーダン南部の方から「スリーブガンを是非売って欲しい」なんてメールが届きました。うーん怖い。

丁重にお断りしましたがw


もう無事帰国しておりますが、旅のおもひでの落穂ひろいを。

二日目はホテルに缶詰で型どり作業などをやっておりましたので、BGVがわりにTVつけっぱなし。
ケーブルには日本チャンネルもあったりして、普通に日本の番組も見られるんですが、なんだかそれだと勿体無い。

で、SFやホラー専門のサイファイチャンネルをチョイス。たまたま、二日目は捨ておけないB級映画が続々ラインナップされてて得した気分でした。

まずは偶然見て、ぐいぐい引きこまれてしまった日本未公開ホラー「SPLINTER」。

splinter-poster.jpg








なぞのトゲトゲ生物に寄生された人間がゾンビっつーか、物体Xっつーか、リバイアサンみたいな感じになるお話。ガソリンスタンドに立てこもった3人の男女が、そんな寄生生物と戦う一晩もの。色々と低予算ながら結構面白い!未公開はもったいないっすよ〜。

トレーラーはこちら

「SPILINTER」が終って、間髪入れず始まったのは、車で旅する姉妹がガイキチ軍団にひたすら追い回されてひどい目にあうサイコホラー「THE GRAVES」。

タランティーノやロドリゲスのB級映画が養殖モノなら、こちらはまさに天然モノって感じのグラインドハウス・ムービー。

film-poster-the-graves.jpg








ほんとにくだらない内容なんですが、主役のビッチ顔の女優さんが好みだったので、なかなかに楽しめました。

このクレア・グラントって女優さん(ポスター左)、最近、セス・グリーンの嫁になった人なのね。アメコミ女性をまんま三次元にしたみたいな感じの顔の造作。でも表情によっては超ブサイクになったり、美人になったり、見てて飽きないルックスで、私のツボでした。

いつかタランティーノ映画で使われそうな気もするけどなぁ。

ともあれ予告

あと、「ハリウッド・トレジャー」って30分番組なんですが、これはシステムはよくわからなかったけど、とにかくハリウッド映画のプロップやポスター原画とか、お宝を競売にかけて価値を調べるみたいな、なんでも鑑定団風趣向の番組。

これは英語が分からないなりにもすこぶる面白く、是非とも毎週見たい番組です。
あんまYOUTUBEにUPされてないのが残念。

こんな感じ


あと三日目、射撃の後にシカゴ市街を一瞬観光しました。

まずは「アンタッチャブル」のロケ地、セントラルステーションにやってまいりました。「ER」でも使用されてましたね。

DSCN0724.jpg





銃撃戦で水兵さんをバタバタ死なせておきながら、乳母車の赤ん坊一人キャッチしてドヤ顔のアンディ・ガルシアが階段の下に!

DSCN0722.jpg





まあ、それだけなんですけどね。よし、とっとと移動だぁ。


マックイーンの「ハンター」のビル。

DSCN0726.jpg






おっこちそうで、おっかない駐車場だなぁ…。

DSCN0730.jpg







その他、この市街地には「ロード・トゥ・パーティション」などのロケポイントもちょろちょろあるとか。すまん、未見ですた…。

ロケ地見学はこんなもん。「ブルースブラザース」編はまた今度来た時にでも。


さて、旅の最後の夜はホテルでおとなしくするか、って事で、実は泊まっているホテルのすぐ近くにあった日本人マーケットへ。こんなの気づかなったよぉ…。徒歩3分ってところ。

IMG_6205.jpg









店内は普通に日本…。店員も日本人多いし。このエリアはオヘア空港からちょっと外れた郊外で、日本企業がたくさん進出していて、出張中の日本人が山ほどいるらしい。
こんな規模のスーパーが営業やれるんだから、かなり日本人いるのね。

IMG_9954.jpg





スーパーには三省堂もひっついている。下手な日本の地方の本屋さんよりも品揃え豊富だっつーの。なんだかこうなるといよいよアメリカにいる有難味がないっす。

さて、お買い物して、ホテルで飯&晩酌しながら帰国の支度を。

DSCN0735.jpg





初日はRCコーラがぶ飲みして喜んでおりましたが、もうジャスミン茶で結構。こうなるともう、日本でビジネスホテルに泊まってる感覚。

で、翌日、オヘア空港から帰国の途に。
現地は3泊しかしなかったけど、実り多い旅でした。TOSHIさん、ブロークンヒーローさんの協力に猛烈に感謝しつつ、こうして旅は終わったでした。

IMG_4098.jpg









ちなみに機内映画。

行きも帰りも「トイ・ストーリー3」。劇場で観そびれたからいいんだけど、二回ともラストで泣いたわっ! 周囲にバレないようにするのが大変なんで、もうこういうのはやめてくださいませ。

あとロブ・ライナー監督の新作「Flipped」(未公開)を上映。ロブ・ライナーらしい相変わらずの手堅い作りのラブコメで楽しめました。これは女性客狙って変な日本タイトルつけられちゃいそう。


って訳で、3日目は午後から射撃場へGO!

ただ、残念なことにアストラの型取りが諸々の事情で一部遅れたため、それの実射は今回見送り。

さて、やってきましたババンバン〜♪

DSCN0684.jpg






うひょ〜血湧き肉踊るっすな〜。

DSCN0682.jpg






さあ、弾丸、弾丸!
DSCN0688.jpg





エスコート、エスコート!

DSCN0691.jpg






ターゲット、ターゲット!ってこれ、劇中のペーパーターゲットと同じおっさんイラストじゃん!まじすか?まじなんすかぁ!?

DSCN0696.jpg





うひょー、猛烈な感動!こんな機会はお金払って手に入るものじゃないすよ、プライスレスっすよ、来てよかったあ!

画像だと勇ましくワンハンドだけど、実際は初射撃なのでがっちり両手ホールド。.22lRなんだけど、思ったよりも全然反動がある。

こんなん、スリーブガンに仕込んで片手で撃つのはちょっと無理っぽくね?

それにしてもね、射線上に当たり前のようにぶら下がっているおっさんターゲット。手にはエスコート。これ以上のタクドラごっこはありますまいに。

ああ、感動でございます。また来るぜ、シカゴ、アディオスアミーゴ!
シカゴでのミッションは無事終了!!!



と思ったら、

「さあ、どれでも好きなの撃ってくれい、どさっ」だとよ…

DSCN0700.jpg





きゃあああああああ!

○トラヴィスな44マグナム
○チーフスペシャル
○ブラックホーク
○スマイソン
○ガバメント
○SIG229

SIGはおすすめの9mmオートって感じで。

あとはもうね、昭和の中学生ならおしっこちびるレベルのベストセレクション。「男の武器・基本セット」ってところすな。こんな余録が付くとは、もう今回の旅、アメイジングすぎ。

ちちち、チーフ撃っていいすか?

DSCN0705.jpg






380、反動も少なくとても撃ちやすい。
これはいいですよ、ほんと!

つぎは巨象とか撃ち殺せちゃう、すんごいのいっちゃっていいすか?

DSCN0707.jpg






肩が外れるとか、手の中で踊るとか、いろいろと伝聞を聞いていたので、かなりおっかなびっくりでトリガーを絞る。

猛烈な反動とシリンダーからもれるフラッシュ。
こりゃ確かに凄い!けど、撃ってて痛いとか、そういうのもなく、ストレス解消にぶっぱなすにはいい案配!

タクドラ本編だと、売春宿の親父の手のひら吹き飛ばした後、ハーヴェイ・カイテルに首筋撃たれ、残弾たっぷり残したままこの銃を床に捨ててチーフスペシャルに持ち替えてたけど、気持ちがわかる。

やっぱこんなマグナム銃は撃つのがしんどいからなんだろうなぁ、といよいよ納得。

あ、残念ながらダーティハリーな射撃音はしませんでした。あの音が出るM29を誰か開発してほしいっす。

他の模様はブロークンヒーローさんが撃ってる後ろ姿を動画でおさめたので、いつかUPしたいと思います。

かいつまむと、

○スマイソン →357マグナム弾の方が44よりもしんどいっす。グリップ形状の関係か撃ってて痛いっす。

○ブラックホーク →同じく357マグナム弾で。こっちの方が撃ちやすいけど、やっぱ357マグナムはしんどいっす…。

○ガバメント →45口径。おお、マズルが上を向いちゃう!まさに手の中で踊る感じ。44マグナムが思ったよりは衝撃なかったので油断していたら、結構これはキツい。

○SIG229 →今回唯一の9mm。新しめの銃って事もあり楽かと思ったらこれまたしんどい。

私とブロークンヒーローさんの結論は380がちょうどいい!でした。
チーフスペシャル最高!

DSCN0709.jpg





ターゲットおやじ無惨。
でかいのはもちろんマグナムの仕業っすよ。

今回の豪勢なラインナップを貸してくれたり、他、アストラの手配やら、すべて月刊GUN誌のライターをやられているTOSHIさんのおかげ。

もう感謝なんて言葉じゃ表現できないくらい感謝です。二度とシカゴに足向けて寝ませんぜ!

TOSHIさん執筆のエスコートの記事が来年のGUN誌に掲載されますので、乞うご期待ください。今回の実射も模様もちょっと掲載されるらしい。

さあ、もう満腹。あとはほんとに帰国するだけだぁ!
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 Afudzuiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
店主シラトモ
性別:
男性
自己紹介:
こちらブログは独り語り用ですので、ご意見・ご質問などございましたらマクラウドHP経由でのメール、またはこちらBBSをご利用ください。
マッドマックス専用って訳でもないBBS
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]